WordPress database error: [Table './sarvajan_ambedkar_org/wp_comments' is marked as crashed and should be repaired]
SELECT ID, COUNT( comment_ID ) AS ccount FROM wp_posts LEFT JOIN wp_comments ON ( comment_post_ID = ID AND comment_approved = '1') WHERE ID IN (4079) GROUP BY ID

Free Online FOOD for MIND & HUNGER - DO GOOD 😊 PURIFY MIND.To live like free birds 🐦 🦢 🦅 grow fruits 🍍 🍊 🥑 🥭 🍇 🍌 🍎 🍉 🍒 🍑 🥝 vegetables 🥦 🥕 🥗 🥬 🥔 🍆 🥜 🎃 🫑 🍅🍜 🧅 🍄 🍝 🥗 🥒 🌽 🍏 🫑 🌳 🍓 🍊 🥥 🌵 🍈 🌰 🇧🇧 🫐 🍅 🍐 🫒Plants 🌱in pots 🪴 along with Meditative Mindful Swimming 🏊‍♂️ to Attain NIBBĀNA the Eternal Bliss.
Free Online FOOD for MIND & HUNGER - DO GOOD 😊 PURIFY MIND.To live like free birds 🐦 🦢 🦅 grow fruits 🍍 🍊 🥑 🥭 🍇 🍌 🍎 🍉 🍒 🍑 🥝 vegetables 🥦 🥕 🥗 🥬 🥔 🍆 🥜 🎃 🫑 🍅🍜 🧅 🍄 🍝 🥗 🥒 🌽 🍏 🫑 🌳 🍓 🍊 🥥 🌵 🍈 🌰 🇧🇧 🫐 🍅 🍐 🫒Plants 🌱in pots 🪴 along with Meditative Mindful Swimming 🏊‍♂️ to Attain NIBBĀNA the Eternal Bliss.
Kushinara NIBBĀNA Bhumi Pagoda White Home, Puniya Bhumi Bengaluru, Prabuddha Bharat International.
Categories:

Archives:
Meta:
January 2023
M T W T F S S
« Dec    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
08/23/16
1966 Wed Aug 24 2016 LESSONS from Rector JCMesh J Alphabets Letter Animation ClipartMesh C Alphabets Letter Animation Clipart an expert who identifies experts influenced by Expert and Infulencer Sashikanth Chandrasekharan of Free Online Awaken One With Awareness Mind (A1wAM)+ ioT (insight-net of Things) - the art of Giving, taking and Living to attain Eternal Bliss as Final Goal through Electronic Visual Communication Course on Political Science -Techno-Politico-Socio Transformation and Economic Emancipation Movement (TPSTEEM). Struggle hard to see that all fraud EVMs are replaced by paper ballots by Start using Internet of things by creating Websites, blogs. Make the best use of facebook, twitter etc., to propagate TPSTEEM thru FOA1TRPUVF. Practice Insight Meditation in all postures of the body - Sitting, standing, lying, walking, jogging, cycling, swimming, martial arts etc., for health mind in a healthy body. from INSIGHT-NET-Hi Tech Radio Free Animation Clipart Online A1 (Awakened One) Tipiṭaka Research & Practice University in Visual Format (FOA1TRPUVF) free online university research practice up a level revolving globe TO http://buddhadharmaobfinternational.files.wordpress.com/2011/01/globe08_e0.gif Dove-02-june.gif (38556 bytes) through up a levelhttp://sarvajan.ambedkar.orgup a level https://awakenmediaprabandhak. wordpress.com/ Button Plant Green Butterfly E Mail Animation Clip buddhaa1dhamma@gmail.com jchandra1942@icloud.com sarvajanow@yahoo.co.in is the most Positive Energy of informative and research oriented site propagating the teachings of the Awakened One with Awareness the Buddha and on Techno-Politico-Socio Transformation and Economic Emancipation Movement followed by millions of people all over the world in 105 Classical languages. Rendering exact translation as a lesson of this University in one’s mother tongue to this Google Translation and propagation entitles to become a Stream Enterer (Sottapanna) and to attain Eternal Bliss as a Final Goal Mayawati To Launch UP Campaign With Mega Agra Rally
Filed under: General
Posted by: site admin @ 6:22 pm


1966 Wed Aug 24 2016




LESSONS
from

Rector
JCMesh J Alphabets Letter Animation ClipartMesh C Alphabets Letter Animation Clipart
an expert who identifies experts influenced by Expert and Infulencer Sashikanth Chandrasekharan

of

Free Online
Awaken One With Awareness Mind
(A1wAM)
+ ioT (insight-net of Things)  - the art of Giving, taking and Living   to attain Eternal Bliss
as Final Goal through Electronic Visual Communication Course on
Political Science -Techno-Politico-Socio Transformation and Economic
Emancipation Movement (TPSTEEM).


Struggle hard to see that all fraud EVMs are replaced by paper ballots by


Start
using Internet of things by creating Websites, blogs. Make the best use
of facebook, twitter etc., to propagate TPSTEEM thru
FOA1TRPUVF.

Practice
Insight Meditation in all postures of the body - Sitting, standing,
lying, walking, jogging, cycling, swimming, martial arts etc., for
health mind in a healthy body.



 from

INSIGHT-NET-Hi Tech Radio Free Animation Clipart Online A1 (Awakened One) Tipiṭaka Research & Practice University
in Visual Format (FOA1TRPUVF)



free online university research practice

 

up a level


revolving globe
TO
http://buddhadharmaobfinternational.files.wordpress.com/2011/01/globe08_e0.gif

Dove-02-june.gif (38556 bytes)

 through 

up a levelhttp://sarvajan.ambedkar.orgup a level







Button Plant Green Butterfly E Mail Animation Clip


buddhaa1dhamma@gmail.com
jchandra1942@icloud.com
sarvajanow@yahoo.co.in


is the most Positive Energy of informative and research oriented site propagating the teachings of the Awakened One with Awareness the Buddha and on Techno-Politico-Socio
Transformation and Economic Emancipation Movement followed by millions
of people all over the world in 105 Classical languages.


Rendering exact translation as a lesson of this
University in one’s mother tongue to this Google Translation and
propagation entitles to become a Stream
Enterer (Sottapanna) and to attain Eternal Bliss as a Final Goal

Mayawati To Launch UP Campaign With Mega Agra Rally

Mayawati To Launch UP Campaign With Mega Agra Rally, Signal A Shift


Highlights
    1.    Mayawati is launching the BSP’s campaign for 2017 UP polls early
    2.    She has also planned far more extensive campaign
    3.    Mayawati has support of SC/STs, hopes to win over Muslim votes from SP

When
Bahujan Samaj Party chief Mayawati addresses what her supporters say
will be a massive rally in western Uttar Pradesh’s Agra on Sunday, it
will be a departure from the past in many ways for the former chief
minister and Sarvajan Samaj  leader

In the next one month, Mayawati will address a rally every week. Her next stop is Azamgarh in Eastern Uttar Pradesh.
Not
only is the BSP chief starting her campaign for the 2017 elections
early, she is also launching an extensive one - a departure from her
strategies in the past.

BJP handed her a proverbial fig leaf. BJP
vice president Daya Shankar Singh’s statements equating her to a sex
worker, led to a massive BSP agitation against the BJP .

In Agra, the theme of her rally is going to be how the BJP is ‘anti-SC/ST’.

Agra
is an interesting choice to flag off her campaign for other reasons
too. The western UP district has a significant population of both
SC/STs, her core support group, and Muslims, a combination she is hoping
will lead the BSP back to power in the 2017 assembly elections.

In
the coming polls, Mayawati is expected to hand out one in four tickets
to Muslims, the strategy for her party is what sources say an
unbreakable SC/ST-Muslim combination. The party feels the Muslim vote
will shift away from the Samajwadi Party this time because of the 2013
Muzaffarnagar riots. Most castes that make up the 21 per cent SC/ST
population in the state, support Mayawati, according to the party’s
calculation.

In the last few months, Maywati has also spoken out
strongly the against atrocities on SC/STs in the name of cows and is
expected to attack the BJP over the issue on Sunday.

To questions
if the strategy will work for the former UP CM, party sources say that
the 5 lakh people expected at the Agra rally will be the answer.

Her
best governance in UP as CM with the support of entire Sarvajan Samaj
including SC/STs/OBCs/Minorities and the poor upper castes made her
eligible to become the next PM od Prabuddha Bharath. This
is not toleranted by the Murderer of democratic institutions (Modi)
remotely controlled by 1% violent, militant, shooting, lynching,
lunatic, mentally retarded chitpawan brahmin RSS (Rakshasa Swayam
Sevaks) and all its avathars BJP (Bahuth Jiyadha Psychopaths), VHP
(Visha Hindtva Psychopaths), ABVP (All Brahmin Venomous psychopaths ),
Bajan Dal, HMS (Hindutva Masdur Sangh), Terrorist Sanathan Sanstha and
other
mushrooming stealth, shadowy, discriminative hindutva  avathars.

They tamperered
the fraud EVMs (Evil Voting Machines) to bury the teachings of the
Awaken One with Awareness and the Techno-Politico-Socio- Transformation
and Economic Emancipation Movement without realising that they are seeds that sprout as Bodhi Trees>

Bahujan
Samaj Party (BSP) with its Techno-Politico-Socio Transformation and
Economic Emancipation Movement brought all societies under one roof by
implementing the Modern Constitution whose architect is Dr B.R.
Ambedkar. Ms Mayawati with her best governance distributed the wealth of
the state proportionately among all societies.She became eligible to be
the next PM of Prabuddha Bharath.

The Congress, has been pushed
to the sidelines of the state’s politics trying to woo back its
traditional Brahmin vote which has slowly and majorly shifted to the
Bahujan Samaj Party (BSP).

http://www.bharatvani.org/books/ait/ch49.htm https://in.news.yahoo.com/cji-responds-pm-modi-vacations-15

EVMs
have been under a cloud of suspicion over their alleged tamparability
and security problems during elections (especially after the 2009
general elections).
After rulings of Delhi High Court, Supreme Court
and demands from various political parties, Election Commission decided
to introduce EVMs with Voter-verified paper audit trail (VVPAT) system.
The Voter-verified paper audit trail (VVPAT) system is introduced in 8
of 543 parliamentary constituencies as a pilot project in Indian general
election, 2014.
The CEC said that all the EVMs will be replaced in the 2019 general elections.

http://economictimes.indiatimes.com/…/articles…/51106327.cms
2019 general elections to have paper-trail electronic voting machines:
Nasim Zaidi,
http://indianexpress.com/…/uttar-pradesh-polls-2017-ec-ord…
/

It
was also discussed in the meeting that voter verified paper audit trail
(VVPAT) will be used with EVMs in only one Assembly constituency in
each of the 75 districts. Priority will be given to that assembly
constituency in which district headquarters fall. “Due to shortage,
VVPAT is not being used in all segments.
Manufacturing of VVPAT is still
in process,” said Arun Singhal, chief electoral officer of UP. At
present, there are around 1.40 lakh polling booths in the state and
officials said, the number could increase in process of rationalisation,
the CEO said.
This is just to benefit the BJP which is gobbling the
MASTER KEY with these fraud EVMs. as predicted by Nostradamus! — Rightly
Predicted the Outcome of the May 2014 General Elections in Indool’s
Paradise. Hacke hay in May!

The trend continued and still continues in all the elections just in favour of Murderer of democratic institutions (Modi).

Ex
CJI SADHASIVAM, shirked his duty & committed a grave error of
judgment by allowing in phased manner the Fraud Tamperable EVMs on the
request of ex CEC SAMPATH because of the 1600 crore cost to replace them
and dealt a fatal blow to the Country’s democracy.

Ex CEC
SAMPATH is number one enemy of Democracy, Liberty, Equality and
fraternity as enshrined in our Constitution for the welfare, happiness
and peace of Sarvajan Samaj.
In fact when the BJP was in opposition
its remotely controlling RSS favored paper ballots which is now silent
after gaining power through the very same fraud EVMs.

http://news.webindia123.com/…/A…/India/20100828/1575461.html

RSS favours paper ballots, EVMs subjected to public scrutinyNew Delhi | Saturday, Aug 28 2010 IST

Joining
the controversy regarding the reliablity of Electronic Voting Machines
(EVMs) which have been questioned by political parties, the RSS today
asked the Election Commission (EC) to revert back to tried and tested
paper ballots and subject EVMs to public scrutiny whether these gadgets
are tamper proof. In an editorial titled ‘Can we trust our EVMs?’, The
Organiser, the RSS mouthpiece, noted it was a fact that till date an
absolutely tamper-proof machine had not been invented and credibility of
any system depends on ‘transparency, verifiability and trustworthiness’
than on blind and atavistic faith in its infallibility. The issue is
not a ‘private affair’ and it involves the future of India. Even if the
EVMs were genuine, there was no reason for the EC to be touchy about it,
the paper commented. The Government and the EC can’t impose EVMs as a
fait accompli on Indian democracy as the only option before the voter.
There were flaws like booth capturing, rigging, bogus voting, tampering
and ballot paper snatching in the ballot paper system of polling leading
the country to switch over to the EVMs and all these problems were
relevant in EVMs too. Rigging was possible even at the counting stage.
What made the ballot papers voter-friendly was that all aberrations were
taking place before the public eye and hence open for corrections
whereas the manipulations in the EVMs is entirely in the hands of powers
that be and the political appointees manning the sytem, the paper
commented. The EVM has only one advantage — ’speed’ but that advantage
has been undermined by the staggered polls at times spread over three to
four months. ‘’This has already killed the fun of the election
process,'’ the paper noted. Of the dozen General Elections held in the
country, only two were through the EVMs and instead of rationally
addressing the doubts aired by reputed institutions and experts the
Government has resorted to silence its critics by ‘intimidation and
arrests on false charges’, the paper observed, recalling the arrest of
Hyederabad-based technocrat Hari Prasad by the Mumbai Police. Prasad’s
research has proved that the EVMs were ‘vulnerable to fraud’. The
authorities want to send a message that anybody who challenges the EC
runs the risk of persecution and harassment, the RSS observed. Most
countries around the world looked at the EVMs with suspicion and
countries like the Netherlands, Italy, Germany and Ireland had all
reverted back to paper ballots shunning EVMs because they were ‘easy to
falsify, risked eavesdropping and lacked transparency’. Democracy is too
precious to be handed over to whims or an opaque establishment and
network of unsafe gizmos. ‘’For the health of Indian democracy it is
better to return to tried and tested methods or else elections in future
can turn out to be a farce,'’ the editorial said.– (UNI) — 28DI28.xml

http://www.assam123.com/america-enlisted-rss-one-biggest-t…/


RSS
is one of the Biggest Terrorist Organisations in the World. They are
Mad Horrorists threat group - shadowy, stealth and discriminatory group
trying to establish hindutva cult.
New Delhi: A US-based risk
management and consulting company has put the Rashtriya Swayamsevak
Sangh (RSS) because RSS is killing so many people and bombing and
cutting of people and using suicide bombing techniques and raping and
honor killing women … it all happened in Gujrat and happening in parts
of the country.. Go get a life and become a Hindu mr…. What is it? the
one who have at least common sense, do u think he or she become hindu?
do u think that? Most of the people in the world becoming muslim without
any pressure, force or demand… think about that…. See that RSS
gentleman who studied about islam to oppose them and became a muslim….
use your common sense and refrain from your bad thoughts and paths.
They
will have the end.. Rss have to be banned in india with its..
hindhuthuva branches.. in south tamilnadu.. this rss and hindhutva
terrorist and Horrorist gang made problem to the people who celebrating
new year of 2015 night..

Increasing threats to the
democratic-secular Indian polity from the Hindutva organizations - a
concise document on the anti-national game-plan of the RSS.

Hence
this technological game of 1% Chitpawan RSS plan has to be defeated by
strengthening the 99% intellectuals by exposing the fradulent EVMs as
done by 80 democracies of the world in the larger interest of Sarvajan
Hitaye Sarvajan Sukhaye i.e., for the peace, happiness and welfare of
all societies including SC/STs/ OBCs/ Minorities and the poor brahmins
and baniyas for distributing the wealth of this country among all
sections of the society as enshrined in the Constitution by making the
Supreme Court to pass orders to replace all fradulent EVMs and till such
time to scrap all elections conducted by these fradulent EVMs and then
to conduct elections with tamper proof voting system to save democracy,
equality, fraternity and liberty.

RSS means Rakshasa Swayam
Sevaks in a non -entity undemocratic organisation with all its 40
avathars VHP (Visha Hindutva Psychopaths), BJP (Bahuth Jiyadha
Psychopaths), BMS (Bhramin Masdoor Sangh), ABVP (All Brahmin Venomous
Psychopaths), Bhajan Dal, Terrorist Sanstha Sangatan, eic., that become
active during all elections for the greed of power for Murderer of
democratic instituitions (Modi) who is just a meant time stooge of the
1% intolerant, violent, militant, shooting, lynching, lunatic, mentally
retarded cannibal chitpawan brahmin psychopaths who always keep heckling
and giggling like mad people thinking that they are great
achievers.Murderer of democratic institutions (Modi) and all its
associate avathars are shani and peda of the nation which is eclipsing
the development and progress as enshrined in the modern Constitution
whose architect is Dr BR Ambedkar.

After gobbling the MASTER KEY
by tampering the fraud EVMs for Murderer of democratic institutions
(Modi) remotely controlled by RSS meaning Rakshasa Swayam Sevaks, a non
-entity undemocratic organisation with all its 40 avathars VHP (Visha
Hindutva Psychopaths), BJP (Bahuth Jiyadha Psychopaths), BMS (Bhramin
Masdoor Sangh), ABVP (All Brahmin Venomous Psychopaths), Bhajan Dal,
Terrorist Sanstha Sangatan, eic., that become active during all
elections for the greed of power for Murderer of democratic
instituitions (Modi) who is just a meant time stooge of the 1%
intolerant, violent, militant, shooting, lynching, lunatic, mentally
retarded cannibal chitpawan brahmin psychopaths who always keep heckling
and giggling like mad people thinking that they are great achievers.

They
are Shani and Pedal of the nation trying to bury the
Techno-Politico-Socio Transformation and Economic Emancipation Movement
and the teachings of the Awaken One with Awareness without knowing that
they are seeds that keep sprouting as Bodhi Trees.

If all the fraud EVMs are replaced by paper ballots they will not even get 1% of the votes.

Only
Ms Mayawati’s BSP which got majority of the seats in UP Panchayat
Elections with these paper ballots will the not only become the CM of UP
but also the next PM of Prabuddha Bharath.

RSS’s Mohan
Bhagwat,Bhaiyyaji Joshi and 41 regional pracharaks are all drop outs
including Mohan Agarwal.Also Ram Lal and Ram Madhav,Rajnath Singh and
Amit Shahlike doubtful education of Murderer of democratic institutions
(Modi).

http://www.siasat.com/news/cow-vigilantes-strike-four-cow-thieves-battered-uttar-pradesh-999348/

Cow vigilantes strike again


http://www.deccanchronicle.com/nation/politics/100816/ensure-strict-action-against-cow-vigilantes-mayawati-to-pm.html

Ensure
strict action against cow vigilantes against those indulging in attack
against SC/STs in the name of cow protection and not just show
sympathy.: Mayawati
“Recently, atrocities were committed against two
SC/STs in Andhra Pradesh and they are in very serious condition,”
Mayawati told reporters outside Parliament.
Murderer of democratic
institutions (Modi) had on Saturday slammed ‘gau rakshaks’ or cow
vigilantes and termed as outrageous incidents like the flogging of four
SC/STs in Gujarat last month.

Most of these people are
“anti-social elements hiding behind the mask of gau rakshaks,who are 1%
intolerant, violent, militant, shooting, lynching, lunatic, mentally
retarded horrifying chitpawan brahmin cannibals of RSS (Rakshasa Swayam
Sevaks) and all its avatars BJP (Bahuth Jiyadha Psychopaths) VHP (Visha
Hindutva Psychopaths), ABVP (All Brahmin Venomous Psychopaths),HMS
(Hindutva Masdhur Sangh), Bhajan Dal’s gau rakshaks, Terrorist Sanathan
Sanstha and many other instant organizations of stealth, shadowy,
discriminative hindutva cult full of hatred towards 99% Sarvajan samaj
including SC/STs/OBCs/Minorities/poor upper castes.
They gobbled the Master key after tampering the fraud EVMs.

Not
only that: the attack was precipitated by the police, who, acting on a
tip-off, had gone to arrest the two women at Mandsaur town’s railway
station for allegedly selling beef. Currently, the two assaulted women
have been detained by the police even as their assailants roam free.

1%
intolerance, violent, militant, shooting, lynching, lunatic, mentally
retarded chitpawan brahmin RSS (Rakshasa Swayam Sevaks) and all its
avatars BJP (Bahuth Jiyadha Psychopaths) gau rakshak, Bhajan Dal, VHP
(Visha Hindutva Psychopaths), ABVP (All Brahmin Venomous Psychopaths),
Terrorist Sanathan Sanstha, etc., after gobbling the Master Key for
Murderer of democratic institutions by tampering the notorious fraud
EVMs have now started extremism of bovine-related assaults against the
SC/STs and Muslims, where two Muslim women were punched, slapped and
abused by a mob incensed at the possibility they might be carrying beef,
which is considered taboo by many 1% chitpawan brahmin stealth,
shadowy, discriminative hindutvaites . The assault occurred under the
supervision of police officers, who stood by and let the beating take
place. It was the Bharatiya Janata Party-ruled state of Madhya Pradesh.

The
attack is surprisingly similar to another that took place in Gujarat on
July 11 on SC/STs. Here too cow protection extremists proceeded to
assault people in order to protect the animal. In Gujarat too, the
police looked on, facilitating the attack and, in the end, ironically,
detaining the victims for allegedly harming a bovine.They were, in fact,
the second SC/ST victims of gau rakshaks this month.

Five days
after the Gujarat attack, a 50-strong Bajrang Dal mob assaulted a SC/ST
family in Karnataka, accusing them of eating beef. Even here, it was the
victims who were booked by the police.

This fact that SC/STs and
Muslims were being targeted by cow vigilantes didn’t go unnoticed. In
Parliament, Mayawati, leader of the Sarvajan Samaj -led Bahujan Samaj
Party, took the initiative in criticising the BJP for its bovine
politics.

http://scroll.in/bulletins/13/from-pioneering-businesses-to-conquering-us-television-four-indians-are-showing-us-that-all-is-within-reach

Cows and caste

The
relation between cows and caste is one that has been apparent for a
long time now. As far back as 1927, Mohandas Gandhi’s prescription for
ending untouchability placed the onus on SC/STs to adopt upper-caste
cultural practises. Gandhi advised the Dalits to give up “serious
defect” such as uncleanliness, liquor, adultery and beef eating since
“cow protection is the outward form of Hinduism”. BR Ambedkar was
well-aware of this bias and therefore called beef-eating the “root of
untouchability”,

Bahujan Samaj Party leader Mayawati has already begun to take up bovine-related assaults on both groups with fervour.
writing:

http://www.outlookindia.com/website/story/untouchability-the-dead-cow-and-the-brahmin/217660

……when
the learned brahmins in general and the 1% chitpawan brahmins of RSS
(Rakshasa Swayam Sevaks) argue that the hindutvaites  not only never ate
beef but they always held the cow to be sacred because it is their go
mata (Mother as though they are born to cows and oxen) and were always
opposed to the killing of the cow, it is impossible to accept their
view.

There are two passages in the Satapatha Brahmana which
relate to animal sacrifice and beef-eating. One is at 111.1.2.21 and
reads as follows:

That the Hindus at one time did kill cows and
did eat beef is proved abundantly by the description of the Yajnas given
in the Buddhist Sutras which relate to periods much later than the
Vedas and the Brahmanas. The scale on which the slaughter of cows and
animals took place was colossal. It is not possible to give a total of
such slaughter on all accounts committed by the Brahmins in the name of
religion. Some idea of the extent of this slaughter can however be had
from references to it in the Buddhist literature. As an illustration
reference may be made to the Kutadanta Sutta in which Buddha preached
against the performance of animal sacrifices to Brahmin Kutadanta.
Buddha, though speaking in a tone of sarcastic travesty, gives a good
idea of the practices and rituals of the Vedic sacrifices when he said:

“And
further, O Brahmin, at that sacrifice neither were any oxen slain,
neither goats, nor fowls, nor fatted pigs, nor were any kind of living
creatures put to death. No trees were cut down to be used as posts, no
Darbha grasses mown to stress around the sacrificial spot. And the
slaves and messengers and workmen there employed were driven neither by
rods nor fear, nor carried on their work weeping with tears upon their
faces.”

Kutadanta on the other hand in thanking Buddha for his
conversion gives an idea of the magnitude of the slaughter of animals
which took place at such sacrifices when he says:
“I, even I betake
myself to the venerable Gotama as my guide, to the Doctrine and the
Order. May the venerable One accept me as a disciple, as one who, from
this day forth, as long as life endures, has taken him as his guide. And
I myself, 0, Gotama, will have the seven hundred bulls, and the seven
hundred steers, and the seven hundred heifers, and the seven hundred
goats, and the seven hundred rams set free. To them I grant their life.
Let them eat grass and drink fresh water and may cool breezes waft
around them.”
In the Samyuta Nikaya (111,1-9) we have another
description of a Yajna performed by Pasenadi, king of Kosala. It is said
that five hundred bulls, five hundred calves and many heifers, goats
and rams were led to the pillar to be sacrificed.

With this
evidence no one can doubt that there was a time when Hindus-both
Brahmins and non-Brahmins ate not only flesh but also beef.

Most
of the top posts are filled by 1% chitpawan brahmins. When they attend
any seminars, conferences et., at 5 star hotels they consume mixed meat
including beef and also consume all sorts of imported liquors.

To day all over the world you can see Christians, Muslims and Buddhists whoa re Vegans who don’t even take milk products.

The
1% chitpawan brahmins of RSS practice violence as their politics of
violence to gobble power and for greed of money. Their politics of
hatred, anger, jealousy, delusion are mental illness requiring treatment
in mental asylums. Their place in not Legislative assembly or Lok Sabha
or even Panchayats.

99% Sarvajan samaj must unite to catch hold
of these mad people who keep heckling and giggling as though they are
great achievers trying to bury the Techno-Politico-Socio Transformation
and Economic Emancipation Movement of Dr BR Ambedkar and the teachings
of the Awaken One with Awareness without realizing that they are seeds
that keep sprouting as Bodhi Trees all over the world.

Murderer
of democratic institutions (Modi) fully controlled by just 1%
intolerant, violent, militant, shooting, lynching lunatic, mentally
retarded chitpawan brahmin psychopath RSS (Rakshasa Swayam Sevaks and
all its avathars BJP (Bahuth Jiyaha Psychopaths), VHP (Visha Hinutva
Psychopaths), ABVP (All Brahmin Venomous Psychopaths), Bhajan Dal,
Terrorist Sanathan Sansth etc., are communal, castiests who practice
hatred and nepotism after gobbling the Master Key by tampering the fraud
EVMs are continuing their game in Uttar Pradesh.

BSP won the
Panchayat Elections in UP because the elections were conducted using
paper ballots. But lost the Lok Sabha elections because of the fraud
EVMs since Ms Mayawati became very powerful as CM of UP while
distributing the wealth of the state equally among Sarvajan Samaj and
became eligible to become the next PM of Prabuddha Bharath. This was not
tolerated by the 1% chitpawan brahmins. So they defeated her. They are
dreaming to bury the Techno-Politico-Socio Transformation and Economic
Emancipation Movement of the BSP and their Awaken One with Awareness
path without realising that they are seeds that keep sprouting as Bodhi
Trtees.

Nostradamus! — Rightly Predicted the Outcome of the May 2014 General Elections in Indool’s Paradise. Hacke hay in May!

The trend continued and still continues in all the elections just in favour of (Modi)

http://economictimes.indiatimes.com/news/politics-and-nation/2019-general-elections-to-have-paper-trail-electronic-voting-machines-nasim-zaidi-cec/articleshow/51106327.cms

2019 general elections to have paper-trail electronic voting machines: Nasim Zaidi, CEC

NEW
DELHI: Polling for 2019 general elections will be conducted through
paper trail-based electronic voting machines to “enhance transparency”.

We
have reached a stage where people are demanding hundred per cent
deployment of paper audit trail machines to enhance transparency.

We have preserved secrecy (in this system) too. By 2019, the whole country will be covered by (such) machines,” Mr Zaidi said

Once
the votes are cast, the VVPAT-linked EVM immediately takes a printout,
which is preserved for later use to tally in case of a dispute in the
final result. Mr Zaidi, speaking on the theme of “Leveraging Technology
for Transparent and Credible Elections”, stressed that secrecy of voting
will be zealously preserved even in this system.

The trend continued and still continues in all the elections just in favour of Murderer of democratic institutions (Modi).

Ex
CJI SADHASIVAM, shirked his duty & committed a grave error of
judgment by allowing in phased manner the Fraud Tamperable EVMs on the
request of ex CEC SAMPATH because of the 1600 crore cost to replace them
and dealt a fatal blow to the Country’s democracy.

Ex CEC
SAMPATH is number one enemy of Democracy, Liberty, Equality and
fraternity as enshrined in our Constitution for the welfare, happiness
and peace of Sarvajan Samaj.

In fact when the BJP was in
opposition its remotely controlling RSS favored paper ballots which is
now silent after gaining power through the very same fraud EVMs.

http://news.webindia123.com/…/A…/India/20100828/1575461.html


RSS favours paper ballots, EVMs subjected to public scrutinyNew Delhi | Saturday, Aug 28 2010 IST

Joining
the controversy regarding the reliablity of Electronic Voting Machines
(EVMs) which have been questioned by political parties, the RSS today
asked the Election Commission (EC) to revert back to tried and tested
paper ballots and subject EVMs to public scrutiny whether these gadgets
are tamper proof. In an editorial titled ‘Can we trust our EVMs?’, The
Organiser, the RSS mouthpiece, noted it was a fact that till date an
absolutely tamper-proof machine had not been invented and credibility of
any system depends on ‘transparency, verifiability and trustworthiness’
than on blind and atavistic faith in its infallibility. The issue is
not a ‘private affair’ and it involves the future of India. Even if the
EVMs were genuine, there was no reason for the EC to be touchy about it,
the paper commented. The Government and the EC can’t impose EVMs as a
fait accompli on Indian democracy as the only option before the voter.
There were flaws like booth capturing, rigging, bogus voting, tampering
and ballot paper snatching in the ballot paper system of polling leading
the country to switch over to the EVMs and all these problems were
relevant in EVMs too. Rigging was possible even at the counting stage.
What made the ballot papers voter-friendly was that all aberrations were
taking place before the public eye and hence open for corrections
whereas the manipulations in the EVMs is entirely in the hands of powers
that be and the political appointees manning the sytem, the paper
commented. The EVM has only one advantage — ’speed’ but that advantage
has been undermined by the staggered polls at times spread over three to
four months. ‘’This has already killed the fun of the election
process,'’ the paper noted. Of the dozen General Elections held in the
country, only two were through the EVMs and instead of rationally
addressing the doubts aired by reputed institutions and experts the
Government has resorted to silence its critics by ‘intimidation and
arrests on false charges’, the paper observed, recalling the arrest of
Hyederabad-based technocrat Hari Prasad by the Mumbai Police. Prasad’s
research has proved that the EVMs were ‘vulnerable to fraud’. The
authorities want to send a message that anybody who challenges the EC
runs the risk of persecution and harassment, the RSS observed. Most
countries around the world looked at the EVMs with suspicion and
countries like the Netherlands, Italy, Germany and Ireland had all
reverted back to paper ballots shunning EVMs because they were ‘easy to
falsify, risked eavesdropping and lacked transparency’. Democracy is too
precious to be handed over to whims or an opaque establishment and
network of unsafe gizmos. ‘’For the health of Indian democracy it is
better to return to tried and tested methods or else elections in future
can turn out to be a farce,'’ the editorial said.– (UNI) — 28DI28.xml

http://www.assam123.com/america-enlisted-rss-one-biggest-t…/

RSS
is one of the Biggest Terrorist Organisations in the World. They are
Mad Horrorists threat group - shadowy, stealth and discriminatory group
trying to establish hindutva cult.

New Delhi: A US-based risk
management and consulting company has put the Rashtriya Swayamsevak
Sangh (RSS) because RSS is killing so many people and bombing and
cutting of people and using suicide bombing techniques and raping and
honor killing women … it all happened in Gujrat and happening in parts
of the country.. Go get a life and become a Hindu mr…. What is it? the
one who have at least common sense, do u think he or she become hindu?
do u think that? Most of the people in the world becoming muslim without
any pressure, force or demand… think about that…. See that RSS
gentleman who studied about islam to oppose them and became a muslim….
use your common sense and refrain from your bad thoughts and paths.
They
will have the end.. Rss have to be banned in india with its..
hindhuthuva branches.. in south tamilnadu.. this rss and hindhutva
terrorist and Horrorist gang made problem to the people who celebrating
new year of 2015 night..

Increasing threats to the
democratic-secular Indian polity from the Hindutva organizations - a
concise document on the anti-national game-plan of the RSS.

Hence
this technological game of 1% Chitpawan RSS plan has to be defeated by
strengthening the 99% intellectuals by exposing the fradulent EVMs as
done by 80 democracies of the world in the larger interest of Sarvajan
Hitaye Sarvajan Sukhaye i.e., for the peace, happiness and welfare of
all societies including SC/STs/ OBCs/ Minorities and the poor brahmins
and baniyas for distributing the wealth of this country among all
sections of the society as enshrined in the Constitution by making the
Supreme Court to pass orders to replace all fradulent EVMs and till such
time to scrap all elections conducted by these fradulent EVMs and then
to conduct elections with tamper proof voting system to save democracy,
equality, fraternity and liberty.

RSS means Rakshasa Swayam
Sevaks in a non -entity undemocratic organisation with all its 40
avathars VHP (Visha Hindutva Psychopaths), BJP (Bahuth Jiyadha
Psychopaths), BMS (Bhramin Masdoor Sangh), ABVP (All Brahmin Venomous
Psychopaths), Bhajan Dal, Terrorist Sanstha Sangatan, eic., that become
active during all elections for the greed of power for Murderer of
democratic instituitions (Modi) who is just a meant time stooge of the
1% intolerant, violent, militant, shooting, lynching, lunatic, mentally
retarded cannibal chitpawan brahmin psychopaths who always keep heckling
and giggling like mad people thinking that they are great
achievers.Murderer of democratic institutions (Modi) and all its
associate avathars are shani and peda of the nation which is eclipsing
the development and progress as enshrined in the modern Constitution
whose architect is Dr BR Ambedkar.

After gobbling the MASTER KEY
by tampering the fraud EVMs for Murderer of democratic institutions
(Modi) remotely controlled by RSS meaning Rakshasa Swayam Sevaks, a non
-entity undemocratic organisation with all its 40 avathars VHP (Visha
Hindutva Psychopaths), BJP (Bahuth Jiyadha Psychopaths), BMS (Bhramin
Masdoor Sangh), ABVP (All Brahmin Venomous Psychopaths), Bhajan Dal,
Terrorist Sanstha Sangatan, eic., that become active during all
elections for the greed of power for Murderer of democratic
instituitions (Modi) who is just a meant time stooge of the 1%
intolerant, violent, militant, shooting, lynching, lunatic, mentally
retarded cannibal chitpawan brahmin psychopaths who always keep heckling
and giggling like mad people thinking that they are great achievers.

They
are Shani and Pedal of the nation trying to bury the
Techno-Politico-Socio Transformation and Economic Emancipation Movement
and the teachings of the Awaken One with Awareness without knowing that
they are seeds that keep sprouting as Bodhi Trees.

If all the fraud EVMs are replaced by paper ballots they will not even get 1% of the votes.

Only
Ms Mayawati’s BSP which got majority of the seats in UP Panchayat
Elections with these paper ballots will the not only become the CM of UP
but also the next PM of Prabuddha Bharath.

RSS’s Mohan
Bhagwat,Bhaiyyaji Joshi and 41 regional pracharaks are all drop outs
including Mohan Agarwal.Also Ram Lal and Ram Madhav,Rajnath Singh and
Amit Shahlike doubtful education of Murderer of democratic institutions
(Modi).

https://in.pinterest.com/pin/354377064398763396/
for
language scripts

http://www.buddha-vacana.org/sutta/digha.html
http://sarvajan.ambedkar.org/?p=3362
http://sarvajan.ambedkar.org/?m=201208
http://sarvajan.ambedkar.org/?m=201305
http://sarvajan.ambedkar.org/?p=2256
http://sarvajan.ambedkar.org/?m=201308
https://www.youtube.com/watch?v=tMUpGcWH-74&list=RDtMUpGcWH-74#t=0
for

Section 25- Charnel ground

https://www.youtube.com/watch?v=TlGRJ9IUf-c&list=PLOdaxMCxlGtWxXD8ISM70eNN3bIaWFrzT
for

Mahāsatipaṭṭhānasuttaṃ (Pali) - 5 Kāyānupassanā paṭikūlamanasikārapabbaṃ- 05:39 mins

https://www.youtube.com/watch?v=1d-hpMej9bQ
for


Chinese Buddha Chants - Best for Meditation-29:45 mins

https://mail.google.com/mail/u/0/#inbox/1563cc0d51280c12
Poṭṭhapāda Sutta

{excerpt}



Poṭṭhapāda asks various questions reagrding the nature of Saññā.

Now, lord, does perception arise first, and knowledge after; or does knowledge arise first, and perception after; or do perception & knowledge arise simultaneously?

Potthapada, perception arises first, and knowledge after. And the arising of knowledge comes from the arising of perception. One discerns, ‘It’s in dependence on this that my knowledge has arisen.’ Through this line of reasoning one can realize how perception arises first, and knowledge after, and how the arising of knowledge comes from the arising of perception.

animated buddha photo: Animated Buddha buddan.gif

>> Sutta Piṭaka >> Digha Nikāya

DN 16 (D ii 137)

Mahāparinibbāna Sutta

{excerpts}


— The last instructions —
[mahā-parinibbāna]


This sutta gathers various instructions the Buddha gave for the
sake of his followers after his passing away, which makes it be a very
important set of instructions for us nowadays.


Here, Ānanda, an ariyasāvaka is endowed with Buddhe aveccappasāda:



>>ஸுத்தபிடக-திக்க நிகாய Sutta Piṭaka >> Digha Nikāya

And what, Ānanda, is that discourse on the Dhamma which is called Dhammādāsa, possessed of which the ariyasāvaka, if he so desires, can declare of himself: ‘For me, there is no more niraya, no more tiracchāna-yoni, no more pettivisaya, no more state of unhappiness, of misfortune, of misery, I am a sotāpanna, by nature free from states of misery, certain of being destined to sambodhi?

(The Mirror of the Dhamma)


I will expound the discourse on the Dhamma which is called Dhammādāsa, possessed of which the ariyasāvaka, if he so desires, can declare of himself: ‘For me, there is no more niraya, no more tiracchāna-yoni, no more pettivisaya, no more state of unhappiness, of misfortune, of misery, I am a sotāpanna, by nature free from states of misery, certain of being destined to sambodhi.
Here, Ānanda, an ariyasāvaka is endowed with Buddhe aveccappasāda:

He is endowed with Dhamme aveccappasāda:

He is endowed with Saṅghe aveccappasāda:

He is endowed with a sīla which is agreeable to the ariyas,

This, Ānanda, is the discourse on the Dhamma which is called Dhammādāsa, possessed of which the ariyasāvaka, if he so desires, can declare of himself: ‘For me, there is no more niraya, no more tiracchāna-yoni, no more pettivisaya, no more state of unhappiness, of misfortune, of misery, I am a sotāpanna, by nature free from states of misery, certain of being destined to sambodhi.

Sato should you remain, bhikkhus, and sampajānas. This is our intruction to you.


And how, bhikkhus, is a bhikkhu sato? Here, bhikkhus, a bhikkhu

Thus, bhikkhus, is a bhikkhu sato. And how, bhikkhus, is a bhikkhu sampajāna? Here, bhikkhus,


Thus, bhikkhus, is a bhikkhu sampajāna. Sato should you remain, bhikkhus, and sampajānas. This is our intruction to you.

– Ananda, the twin sala trees are in full bloom, though it is not the
season of flowering. And the blossoms rain upon the body of the
Tathagata and drop and scatter and are strewn upon it in worship of
the Tathagata. And celestial coral flowers and heavenly sandalwood
powder from the sky rain down upon the body of the Tathagata, and drop
and scatter and are strewn upon it in worship of the Tathagata. And the
sound of heavenly voices and heavenly instruments makes music in the air
out of reverence for the Tathagata.


It is not by this, Ānanda, that the Tathāgata is respected, venerated,
esteemed, paid homage and honored. But, Ananda, any bhikkhu or
bhikkhuni, layman or laywoman, remaining dhamm’ānudhamma’p'paṭipanna, sāmīci’p'paṭipanna,
living in accordance with the Dhamma, that one respects, venerates,
esteems, pays homage, and honors the Tathāgata with the most excellent
homage. Therefore, Ānanda, you should train yourselves thus: ‘We will
remain dhamm’ānudhamma’p'paṭipanna, sāmīci’p'paṭipanna, living in accordance with the Dhamma’.

– ‘To some of you, Ānanda, it may occur thus: ‘The words of the Teacher
have ended, there is no longer a Teacher’. But this, Ānanda, should not,
be so considered. That, Ānanda, which I have taught and made known to
you as the Dhamma and the Vinaya, will be your Teacher after my passing away.





Pāḷi

(Dhammādāsa)


Dhammādāsaṃ nāma dhamma-pariyāyaṃ desessāmi, yena samannāgato ariyasāvako ākaṅkhamāno attanāva attānaṃ byā-kareyya:khīṇa-nirayo-mhi khīṇa-tiracchāna-yoni khīṇa-pettivisayo khīṇ·āpāya-duggati-vinipāto, sotāpanno-hamasmi avinipāta-dhammo niyato sambodhi-parāyaṇo’ ti.


Katamo ca so, Ānanda, dhammādāso dhamma-pariyāyo, yena samannāgato ariyasāvako ākaṅkhamāno attanāva attānaṃ byā-kareyya:khīṇa-nirayo-mhi khīṇa-tiracchāna-yoni khīṇa-pettivisayo khīṇ·āpāya-duggati-vinipāto, sotāpanno-hamasmi avinipāta-dhammo niyato sambodhi-parāyaṇo’ ti?


Idh·ānanda, ariyasāvako Buddhe aveccappasāda samannāgato hoti:

‘Itipi
so bhagavā arahaṃ sammāsambuddho vijjācaraṇasampanno sugato lokavidū
anuttaro purisadammasārathi satthā devamanussānaṃ buddho bhagavā’ ti.

Dhamme aveccappasāda samannāgato hoti:

‘Svākkhāto bhagavatā dhammo sandiṭṭhiko akāliko ehipassiko opaneyyiko paccattaṃ veditabbo viññūhī’ ti.

Saṅghe aveccappasāda samannāgato hoti:

‘Suppaṭipanno
bhagavato sāvakasaṅgho, ujuppaṭipanno bhagavato sāvakasaṅgho,
ñāyappaṭipanno bhagavato sāvakasaṅgho, sāmīcippaṭipanno bhagavato
sāvakasaṅgho yadidaṃ cattāri purisayugāni aṭṭha purisapuggalā, esa
bhagavato sāvakasaṅgho āhuneyyo pāhuneyyo dakkhiṇeyyo añjalikaraṇīyo
anuttaraṃ puññakkhettaṃ lokassā’ ti.

Ariya-kantehi sīlehi samannāgato hoti

akhaṇḍehi acchiddehi asabalehi akammāsehi bhujissehi viññūpasatthehi aparāmaṭṭhehi samādhisaṃvattanikehi.

Ayaṃ kho so, Ānanda, dhammādāso dhamma-pariyāyo, yena samannāgato ariyasāvako ākaṅkhamāno attanāva attānaṃ byā-kareyya:khīṇa-nirayo-mhi khīṇa-tiracchāna-yoni khīṇa-pettivisayo khīṇ·āpāya-duggati-vinipāto, sotāpanno-hamasmi avinipāta-dhammo niyato sambodhi-parāyaṇo’ ti

Sato, bhikkhave, bhikkhu vihareyya sampajāno. Ayaṃ vo amhākaṃ anusāsanī.

Katha·ñca, bhikkhave, bhikkhu sato hoti? Idha, bhikkhave, bhikkhu


kāye kāyānupassī viharati ātāpī sampajāno satimā, vineyya loke abhijjhā-domanassaṃ; vedanāsu vedanānupassī viharati ātāpī sampajāno satimā, vineyya loke abhijjhā-domanassaṃ; citte cittānupassī viharati ātāpī sampajāno satimā, vineyya loke abhijjhā-domanassaṃ; dhammesu dhammānupassī viharati ātāpī sampajāno satimā, vineyya loke abhijjhā-domanassaṃ.

Evaṃ kho, bhikkhave, bhikkhu sato hoti. Katha·ñca, bhikkhave, bhikkhu sampajāno hoti? Idha, bhikkhave,

bhikkhu
abhikkante paṭikkante sampajānakārī hoti, ālokite vilokite
sampajānakārī hoti, samiñjite pasārite sampajānakārī hoti,
saṅghāṭipattacīvaradhāraṇe sampajānakārī hoti, asite pīte khāyite sāyite
sampajānakārī hoti, uccārapassāvakamme sampajānakārī hoti, gate ṭhite
nisinne sutte jāgarite bhāsite tuṇhībhāve sampajānakārī hoti.

Evaṃ kho, bhikkhave, bhikkhu sampajāno hoti. Sato, bhikkhave, bhikkhu vihareyya sampajāno. Ayaṃ vo amhākaṃ anusāsanī ti.

– Sabbaphāliphullā kho, Ānanda, yamakasālā akālapupphehi. Te
tathāgatassa sarīraṃ okiranti ajjhokiranti abhippakiranti tathāgatassa pūjāya.
Dibbānipi mandāravapupphāni antalikkhā papatanti, tāni tathāgatassa
sarīraṃ okiranti ajjhokiranti abhippakiranti tathāgatassa pūjāya.
Dibbānipi candanacuṇṇāni antalikkhā papatanti, tāni tathāgatassa sarīraṃ
okiranti ajjhokiranti abhippakiranti tathāgatassa pūjāya. Dibbānipi
tūriyāni antalikkhe vajjanti tathāgatassa pūjāya. Dibbānipi saṅgītāni
antalikkhe vattanti tathāgatassa pūjāya.

Na kho, Ānanda, ettāvatā Tathāgato sakkato hoti garukato mānito pūjito apacito . Yo kho, Ānanda, bhikkhu bhikkhunī upāsako upāsikā dhammānudhammappaṭipanno viharati sāmīcippaṭipanno anudhammacārī, so Tathāgataṃ sakkaroti garuṃ karoti māneti pūjeti apaciyati, paramāya pūjāya. Tasmātih·ānanda, dhammānudhammappaṭipannā viharissāma sāmīcippaṭipannā anudhammacārin·oti. Evañ·hi vo, Ānanda, sikkhitabba nti.




– ‘Siyā kho pan·ānanda, tumhākaṃ evam·assa:atīta-satthukaṃ pāvacanaṃ, natthi no satthā’ ti. Na kho pan·etaṃ, Ānanda, evaṃ daṭṭhabbaṃ. Yo vo, Ānanda, mayā Dhammo ca Vinayo ca desito paññatto, so vo mam·accayena satthā.

‘இதிபி ஸொ பகவா அரஹங் ஸம்மாஸம்புத்தொ விஜ்ஜாசரணஸம்பனொ ஸுகதொ லோகவிது அனுத்தரொ புரிஸதம்மஸாரதி ஸத்த தேவமனுசானங் புத்தொ  பகவா,தி.

பாளி
தம்மாதாஸ


தம்மாதாஸங் நாம
தம்மா-பரியாயங், யேன ஸம்மன்னாகதொ ஆரியஸாவகொ ஆகன்கமானொ  அட்டணாவ அட்டாணங்
ப்யா - கரெய்ய: கின-நிரயோ-மி கின-திர்ச்சான-வொனி


கின-பெட்டிவிசவொ கின் அப்பாவ-துக்கதி-வினிபாதொ, ஸோதாப்பன்னொ - ஹமஸ்மி அவினிபாதொ-தம்மொ நியதொ ஸம்போதி பரயனொ’தி.


கதமொ ச ஸொ, ஆனந்தா,
தம்மாதாஸொ தம்மா-பரியாயவொ, யேன ஸம்மன்னாகதொ ஆரியஸாவகொ ஆகன்கமானொ 
அட்டணாவ அட்டாணங் ப்யா - கரெய்ய: கின-நிரயோ-மி கின-திர்ச்சான-வொனி
கின-பெட்டிவிசவொ கின் அப்பாவ-துக்கதி-வினிபாதொ, ஸோதாப்பன்னொ - ஹமஸ்மி
அவினிபாதொ-தம்மொ நியதொ ஸம்போதி பரயனொ’தி?


இத்’ஆனந்தா, ஆரியஸாவகொ புத்தே அவெச்சப்பஸாத ஸம்மன்னாகதொ ஹோதி


பாளி

‘இதிபி ஸொ பகவா அரஹம் ஸம்மாஸம்புத்தொ விஜ்ஜாசரனொஸம்பன்னொ ஸுகதொ லோகவிது அனுத்தரொ புரிஸதம்மஸாரதி ஸத்தா தேவமனுஸ்ஸானம் புத்தொ பகவா’தி.

தம்மெ அவெச்சப்பஸ்ஸாத ஸம்மன்னாகததொ ஹோதி:

ஸ்வாகாதொ பகவதா தம்மொ ஸந்திதிகொ அகாலிகொ எதிபசஸ்ஸிகொ ஒபனேவிகொ பச்சதம் வெதிதப்பொ வின்னுஹி’தி.
ஸங்கே அவெச்சப்பஸ்ஸாத ஸம்மன்னாகததொ ஹோதி:

 Saṅghe aveccappasāda (சான்றோர் இடத்தில் தன்னம்பிக்கை)யாக குணிக்கப் படுகிரார்.

ஸுப்பதிபன்னொ 
பகவதொ ஸாவகச்ங்கொ, உஜ்ஜுபதிபன்னொ பகவதொ ஸாவகச்ங்கொ, ஞாயபதிபன்னொ பகவதொ
ஸாவகச்ங்கொ, ஸாமிசிதிபன்னொ பகவதொ ஸாவகச்ங்கொ, வாதிதம் சத்தாரி
புரிஸவுக்கானி, ஏஸ பகவதொ ஸாவகச்ங்கொ, ஆஹுனெய்யொ பாஹுனெய்யொ அன்ஞலிகாரனியொ
அனுத்தரம் புண்யக்கேதம் லோகஸ்ஸ’தி.


அகந்தேஹி அச்சிதேஹி அஸபலேஹி அக்கம்மாசஸேஹி புஜ்ஜஸ்ஸேஹி வின்யுபஸத்தேஹி அபராமதேஹி ஸமாதிஸம்வதனிகேஹி.




யங் கொ ஸொ,ஆனந்தா,தம்மதாஸொ தம்மா-பரியாயொ, வென ஸம்மன்னாகததொ ஆரியஸாவகொ
ஆக்கன்கமானொ அட்டனாவ அட்டானம் ப்வா-கரேவ்வா ‘
கின-நிரவொ-மி-கின-திரச்சானி-வொனி
கின-பெட்டிவிஸவொ’அபாயொ-துக்கதி-வினிபாதொ,ஸோதாபன்னொ-ஹமஸமி அவினிபாத-தம்மொ
நிவதொ ஸம்போதி-பராயனொ’ தி


ஸதொ, பிக்காவெ, பிக்கு விஹாரெய்ய  ஸம்பஜனொ அ யங் வொ அமாக்ஹம் அனுஸாஸனி.கதான்யச, பிக்காவெ, பிக்கு ஸாதொ ஹோதி? இதா, பிக்காவெ, பிக்கு

காயெ காயானுபஸ்ஸி விஹாரதி ஆதாபி
ஸம்பஜானொ  ஸதிமா, வினய்ய லோகெ அபிஜ்ஜா-தொம்மஸம்; வெதன்னாஸு வெதனானுபஸ்ஸி
விஹாரதி ஆதாபி ஸம்பஜானொ ஸதிமா, வினய்ய லோகெ அபிஜ்ஜா-தொம்மஸம்; சித்தெ
சித்தானுபஸ்ஸி விஹாரதி ஆதாபி ஸம்பஜானொ ஸதிமா, வினய்ய லோகெ
அபிஜ்ஜா-தொம்மஸம்; தம்மேஸு தம்மானுபஸ்ஸி விஹாரதி ஆதாபி ஸம்பஜானொ ஸதிமா,
வினய்ய லோகெ அபிஜ்ஜா-தொம்மஸம்.

ஏவங் கொ, பிக்காவெ, பிக்கு ஸாதொ ஹோதி.கதான்யச, பிக்காவெ, பிக்கு ஸம்பஜானொ ஹோதி? இதா, பிக்காவெ.

பிக்கு அபிஹிகந்தெ பதிக்கந்தெ
ஸம்பஜானகாரி ஹோதி, ஆலோகித விலோகித ஸம்பஜானகாரி ஹோதி.ஸமிஞ்ஜிதெ பஸாரிதெ
ஸம்பஜானகாரி ஹோதி. ஸங்காதிபட்டாசிவரதாரனெ ஸம்பஜானகாரி ஹோதி. அஸிதெ பிதெ
காவிதெ ஸாவிதெ ஸம்பஜானகாரி ஹோதி. உச்சாரபஸ்ஸவகம்மா ஸம்பஜானகாரி ஹோதி. 
காதெ,திதெ,நிஸின்னெ ஸுதெ ஜாகரிதெ பாஸிதெ துனிஹிபாவெ ஸம்பஜானகாரி ஹோதி.


ஏவங் கொ, பிக்காவெ, பிக்கு ஸம்ப்ஜானொ ஹோதி.ஸாதொ,பிக்காவெ, பிக்கு விஹாரெய்ய ஸம்ப்ஜானொ. அ யங் வொ அம்ஹாகம் அனுஸாஸனி தி.



- ஸப்பாபாலிபுல்லா கொ,
ஆனந்தா, வமகஸாலா அகலப்புப்ஹேஹி. தெ ததாகதஸ்ஸ ஸரிரங் ஒகிரந்தி அஜ்ஜொகிரந்தி
அபிஹிப்பகிரந்தி ததாகதஸ்ஸ பூஜாய. திப்பானிபி மனதாரபுப்பாஹானிபி அந்தலிக்ஹா
பாபதந்தி. தானி ததாகதஸ்ஸ ஸரிரங் ஒகிரந்தி அஜ்ஜொகிரந்தி அபிஹிப்பகிரந்தி
ததாகதஸ்ஸ பூஜாய. திப்பானிபி சந்தனாசுன்னானி அந்தலிக்ஹா பாபதந்தி. தானி
ததாகதஸ்ஸ ஸரிரங் ஒகிரந்தி அஜ்ஜொகிரந்தி அபிஹிப்பகிரந்தி ததாகதஸ்ஸ பூஜாய.
திப்பானிபி துரியானி அந்தலிக்ஹெ வஜ்ஜந்தி ததாகதஸ்ஸ பூஜாய. திப்பானிபி
அந்தலிக்ஹெ வட்டந்தி ததாகதஸ்ஸ பூஜாய.


நா கொ,
ஆனந்தா, எத்தவதா ததாகதொ ஸக்கதொ வ ஹோதி கருகதொ வ மானிதொ வ பூஜிதொ வ அபசிதொ
வ. யொ கொ. ஆனந்தா, பிக்கு வ பிக்குனி வ உபாஸகொ வ உபாஸிகா வ
தம்மனுதம்மாபதிபன்னொ விஹாரதி ஸாமிசிபதிபன்னொ அனுதம்மாசாரி, ஸொ ததாகதம்
ஸக்கரொதி கரும் கரோதி மானதி பூஜேதி அபசிவதி பரமாய பூஜெய. தஸ்மாத்ஹி ஆனந்தா,
தம்மனுதம்மாபதிபன்னா விஹாரிஸாம  ஸாமிசிபதிபன்னா  அனுதம்மாசாரி’னோதி.
ஏவன்ஹி வொ ஆனந்தா, ஸிக்ஹிதப்ப நிதி.



-ஸிவா கொ பன்’ஆனந்தா,
தும்ஹாகம்ஏவம்’அஸ்ஸ: ‘அதித-ஸத்துக்கம் பாவசனம், னத்தி நொ ஸத்தா தி. நா கொ
பன்’னெதம்.ஆனந்தா, ஏவங் தத்தாத்தம். யொ
வொ, ஆனந்தா, மயா தம்மொ ச வினயொ ச தேஸிதொ பன்னதொ. ஸொ வொ மம்’அசவென ஸத்தா.




1966水曜日2016年8月24日

sampajañña上のC.セクション

ローブと上側ローブを身に着けている間見据えながら周りを見ながら曲げながら、延伸しながらさらに、bhikkhusは、僧が、近づいて出発しながら、一方で、sampajaññaで働き、彼は、sampajaññaで働き、彼は、sampajaññaに作用し、ボウルを運んでいる間飲みながら咀嚼し​​ながら味わいながら、食べながら、彼は、sampajaññaで働き排便や排尿の事業に参加している間、彼は、sampajaññaで働き、彼は立ったまま座って、歩いている間、sampajaññaで働きます寝ている間話しながら、目を覚ましているとしながら、サイレントでありながら、彼はsampajaññaで動作することがあります。

こうして彼は、内部カヤでカヤを観察宿る、または彼が外部カヤでカヤを観察宿る、または彼が内部と外部のカヤでカヤを観察宿ります。彼は、カヤにおける現象のsamudayaを観察宿る、または彼がカヤに離れ現象の通過を観察宿る、または彼はsamudayaを観察し、カヤにおける現象の逝去宿ります。あるいは、[実現:]「これはカヤです!」サティは単なるナナと単なるpaṭissatiの程度まで、彼は切り離さ宿る、と世界で何かにしがみつくしない、彼に存在しています。したがって、bhikkhus、僧はKAYAでカヤを観察宿ります。

ウェブサイト:

夏目雅子ひまわり基金 - 癌と日本の女性を支援する慈善団体。それはとてもそれをチェックアウト行く非常に良い大義のためです。

FOREVER雅子 - 公式夏目雅子のウェブサイト。
masako_1

masako_2

masako_3

英国のテレビボイスオーバー:マリア・ウォーバーグ:

マリア・ウォーバーグは、1952年に生まれた英国の女優です。彼女が主演しました
大蔵経の文字をダビング日本のアクションシリーズモンキー、
英語で。彼女はまた、文字ジュリアMatostheのためにダビングしました
シリーズダンシン日。彼女はのオーディオテープでささやきの声でした
ファーシングウッド(ないテレビシリーズの動物彼女がしばしばあるように
)と混同。彼女はまた、ゲストはで男のエピソードで主演しました
スーツケース(誰かが1968年に、勝…誰かを失う)と10番(
Asquiths、1983)。
マリアは後に彼女の家族の生活に専念するように作用するから引退しました
彼女は他の元の吹き替えキャストメンバーに返されなかったが
彼女はに結婚していた2004年に最後の13のエピソードを復元するモンキー
俳優ジョンChannellミルズは、1998年に亡くなるまで、彼らは3人の子供を持っています。





1966水曜日2016年8月24日

sampajañña上のC.セクション

ローブと上側ローブを身に着けている間見据えながら周りを見ながら曲げながら、延伸しながらさらに、bhikkhusは、僧が、近づいて出発しながら、一方で、sampajaññaで働き、彼は、sampajaññaで働き、彼は、sampajaññaに作用し、ボウルを運んでいる間飲みながら咀嚼し​​ながら味わいながら、食べながら、彼は、sampajaññaで働き排便や排尿の事業に参加している間、彼は、sampajaññaで働き、彼は立ったまま座って、歩いている間、sampajaññaで働きます寝ている間話しながら、目を覚ましているとしながら、サイレントでありながら、彼はsampajaññaで動作することがあります。

こうして彼は、内部カヤでカヤを観察宿る、または彼が外部カヤでカヤを観察宿る、または彼が内部と外部のカヤでカヤを観察宿ります。彼は、カヤにおける現象のsamudayaを観察宿る、または彼がカヤに離れ現象の通過を観察宿る、または彼はsamudayaを観察し、カヤにおける現象の逝去宿ります。あるいは、[実現:]「これはカヤです!」サティは単なるナナと単なるpaṭissatiの程度まで、彼は切り離さ宿る、と世界で何かにしがみつくしない、彼に存在しています。したがって、bhikkhus、僧はKAYAでカヤを観察宿ります。

ウェブサイト:

夏目雅子ひまわり基金 - 癌と日本の女性を支援する慈善団体。それはとてもそれをチェックアウト行く非常に良い大義のためです。

FOREVER雅子 - 公式夏目雅子のウェブサイト。
masako_1

masako_2

masako_3

英国のテレビボイスオーバー:マリア・ウォーバーグ:

マリア・ウォーバーグは、1952年に生まれた英国の女優です。彼女が主演しました
大蔵経の文字をダビング日本のアクションシリーズモンキー、
英語で。彼女はまた、文字ジュリアMatostheのためにダビングしました
シリーズダンシン日。彼女はのオーディオテープでささやきの声でした
ファーシングウッド(ないテレビシリーズの動物彼女がしばしばあるように
)と混同。彼女はまた、ゲストはで男のエピソードで主演しました
スーツケース(誰かが1968年に、勝…誰かを失う)と10番(
Asquiths、1983)。
マリアは後に彼女の家族の生活に専念するように作用するから引退しました
彼女は他の元の吹き替えキャストメンバーに返されなかったが
彼女はに結婚していた2004年に最後の13のエピソードを復元するモンキー
俳優ジョンChannellミルズは、1998年に亡くなるまで、彼らは3人の子供を持っています。


1966水曜日2016年8月24日

大和言葉

Kusinaraで
残りの最後の場所

ここでは、アナンダ、ariyasāvakaはBuddheのaveccappasādaに恵まれています。

カラミティ、事故独自の高名、由緒ある、祝福、聖なる。この言葉は、一般的に、特に、仏の形容または名前として使用され、釈迦牟尼価値がある、由緒ある、きよめ、聖なる由緒ある人、神聖な男、聖人。最終的な神聖、阿羅漢知識、学習、奨学金、科学を達成した1。よく歩く知恵、幸せは、最高の宇宙を知ります。どれも男らしさ、男らし教師、マスターに仏も抜群、抜群の、比類のない、最高の第二の共通小名参照ディーヴォ知られ、理解;知識、賢明な目覚めを有します。拡大し、本格的な神聖、祝福、由緒ある、高名。この言葉は、一般的に仏の形容または名前として使用され、特に、釈迦牟尼はを参照してください。

彼はDhammeaveccappasādaに恵まれています。

彼はSaṅgheaveccappasādaに恵まれています。

   A hearer, listener, pupil;”>この言葉は、一般的に仏、特に、釈迦牟尼sāvakasaṅgho、=>聞き手、リスナー、瞳の形容または名前として使用されます。 Worshipful, venerable, blessed, holy.”>簡単な、正直、直立bhagavato(N | NOM)=>、高名由緒ある、祝福、聖なる。 Method, manner, means;”>弟子のñāyappaṭipanno(N | NOM)=>メソッド、方法は、意味します。 A hearer, listener, pupil;”>この言葉は、一般的に仏、特に、釈迦牟尼sāvakasaṅgho、=>聞き手、リスナー、瞳の形容または名前として使用されます。 Worshipful, venerable, blessed, holy.”>bhagavato(N | NOM)=>、高名由緒ある、祝福、聖なる。 Namely, that is to say cattāri => Four purisayugāni => Manhood, virility aṭṭha => Eight purisapuggalā, => Manhood, virility esa => see eso bhagavato (N|NOM) =>”>弟
子のyadidaṃ(N |
ACC)=>つまり、それは言うことですcattāri=>フォーpurisayugāni=>男らしさ、男らしさaṭṭha​​=&
gt;エイトpurisapuggalā、=>男らしさ、男らしさのESA => ESO bhagavato参照(N |
NOM)=>
神聖な、祝福された、由緒ある、高名。 Sacrificial, worthy of offerings, worshipful pāhuneyyo (N|NOM) => Sufficient
“>discipleāhuneyyo(N | NOM)=>犠牲、製品の価値がある、礼拝pāhuneyyo(N | NOM)=>十分な
Pre-eminence, supremacy puññakkhettaṃ (N|ACC) => Meritoriousness, merit, good workslokassā’ => see akkhāyikā and lokāyataṃ ti.”>akkhāyikā
とlokāyataṃTIを参照してください=> Meritoriousness、メリット、良いworkslokassā ‘=> |
=>前の隆起、覇権のpuññakkhettaṃ(ACC N)|額anuttaraṃ(ACC
N)に参加して手を上げることによって行わ尊重挨拶。
">Ariya-kantehisīlehisamannāgatoのHoTI彼はariyasに合ったシーラに恵まれています、

Uninjured, intact, faultless
“>acchiddehi =>損傷していない、無傷で、非の打ち所のありません
Intransitive
“>akammāsehi=>自動詞
">フリーマン
Unconquered
“>aparāmaṭṭhehi=>征服されません
samādhisaṃvattanikehi。 ">静けさ、自己濃度、穏やかな


れは、彼がそう望む場合アナンダは、Dhammādāsaと呼ばれダンマ上の言説は、そのうちのariyasāvakaを所有している、自分自身の宣言す
ることができます:「私にとって、これ以上niraya、これ以上のtiracchāna-ヨニはありません、これ以上pettivisayaを
、不幸のこれ以上の状態は、不幸の、悲惨で、私はsambodhi宛てされている一定の悲惨さの自然freefrom状態で、預流です。

  see satipaṭṭhāno
“>kāyānupassī=>参照satipaṭṭhāno
Ardent, zealous, strenuous, active
“>ATAPI =>、熱烈な熱心な、激しい、アクティブ
Of retentive memory or active mind, thoughtful, reflecting
“>satimā、=>保持メモリまたはアクティブな心、思いやりのうち、反映
拘束、征服、征服します。 、教育、電車を指示します
abhijjhā-domanassaṃ。 Feeling, sensation, perception;”>vedanāsu=>感情、感覚、知覚。痛み、苦しみ
">痛み、苦しみ
Ardent, zealous, strenuous, active
“>ATAPI =>、熱烈な熱心な、激しい、アクティブ
Of retentive memory or active mind, thoughtful, reflecting
“>satimā、=>保持メモリまたはアクティブな心、思いやりのうち、反映
拘束、征服、征服します。 、教育、電車を指示します
abhijjhā-domanassaṃ。 To paint, to variegate
“>citte =>多彩に、ペイントするには
To dwell, sojourn, live
“>ライブ住むviharati(VB)=>、逗留、
Knowing, understanding, conscious
“>sampajāno(N | NOM)=>知る、理解、意識的
To remove, put away;”>vineyya =>片付​​け、削除します。拘束、征服、征服します。 、教育、電車を指示します
abhijjhā-domanassaṃ。 Justly, righteously
“>dhammesu(N | LOC)=>公正、義にかないました
To dwell, sojourn, live
“>ライブ住むviharati(VB)=>、逗留、
Knowing, understanding, conscious
“>sampajāno(N | NOM)=>知る、理解、意識的
To remove, put away;”>vineyya =>片付​​け、削除します。拘束、征服、征服します。 、教育、電車を指示します
abhijjhā-domanassaṃ。 したがって、bhikkhusは、僧の佐藤です。そして、僧sampajānoか、bhikkhusのですか?ここでは、bhikkhus、

したがって、bhikkhusは、僧のsampajānoです。佐藤君は、bhikkhus、およびsampajānosをままにしてください。これはあなたに私たちのintructionです。

- それは、開花の季節ではないですが、アナンダ、ツインサラの木は、満開です。如来・アンド・ドロップのボディおよび散布の際や花の雨と
如来の礼拝でその上に散らばっています。そして、天のサンゴの花と如来の身体時に空の雨から下天の白檀粉末、およびドロップすると、散乱及び如来の礼拝でその上に散らばっています。そして、天の声や天国の楽器の音が如来のための畏敬の念から空気中に音楽を作ります。

それは如来が、尊敬崇拝、尊敬、敬意を払って光栄されていること、これによりアーナンダではありません。しかし、1点は、を尊重しveneratesことアナンダ、任意の僧や尼、素人やlaymanの女性形、残りのdhamm’ānudhamma’p'paṭipanna、sāmīci’p’paṭipanna、ダンマに従って生きているが、敬意を払って、如来を表彰します最も優秀なオマージュと。したがって、アナンダは、あなたは、このように自分自身を訓練する必要があります:「私たちは、ダンマに従って生き、dhamm’ānudhamma’p’paṭipanna、sāmīci’p’paṭipannaままになります」。

「あなた方のうちの何人か、アナンダに、それはこのように発生する可能性があります」先生の言葉が終了した、教師は「もはやありません。しかし、この、アナンダは、そのように考えるべきではありません。つまり、私が教えたとダンマと律としてあなたに知らさアナンダは、それは私が離れて通過した後、あなたの先生になります。

ここでは、アナンダ、ariyasāvakaはBuddheのaveccappasādaに恵まれています。

スッタは仏が、それは、今日、私たちのための命令の非常に重要なセットで作るこれ、彼が離れて通過した後の彼の信者のために与えた各種の指示を収集します。


http://www.buddha-vacana.org/suttapitaka.html
http://www.bali3d.com/highres/bud1-shockwave.php
http://www.bali3d.com/buddhist-temple.php
http://www.youtube.com/watch?v=mafxI1YiED4&feature=related
ために
ウェルネス&ハーモニー:ピュアリラクゼーション - 沈黙をお楽しみください
http://www.youtube.com/watch?v=lVeCx0bM7Xg&feature=related
ために
禅ガーデン♫✿
http://www.youtube.com/watch?v=d9SCrpXN3EE&feature=related
ために
瞑想(禅音楽)
http://www.sharewareconnection.com/software.php?list=Chakra+Mandala
http://www.sharewareconnection.com/shiny-clock-screensaver.htm
http://www.sacbee.com/2012/07/18/4640066/website-lets-you-create-free-animated.html
http://www.youtube.com/watch?v=IjB6l3Qz2HE
http://www.youtube.com/watch?v=x6U7xIZKrBM
ベストトップクラス仏教chantingsと音楽

千手観音
http://www.youtube.com/watch?v=gcYLO8haYas
トップクラスの高精細仏教chantings

仏教のチャント&ピースミュージック - 寒山寺
http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&NR=1&v=3GhE_lUQrok
林風水ティンミューチャン・琵琶、二胡、dizi
http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&NR=1&v=bbgHZWwyhcQ
六字大明呪 - オリジナル拡張Version.wmv
http://www.youtube.com/watch?v=-c9-XaA2f00&feature=relmfu
仏教チャント - 般若心経(サンスクリット語)Imee大井によって
http://www.youtube.com/watch?v=CR3dM-GlZK8
仏教の瞑想の音楽を - - リラックス禅ガーデン - 古今亀尾
13484371ビュー
http://www.youtube.com/watch?v=EuJdzRcW174&feature=related
meditacion - ムジカパラdormir(EXCELENTE)
8122639ビュー
http://www.youtube.com/watch?v=-No-226O0tg&feature=related
ムジカ・デ・relajación
8時間
2171656ビュー

見てください:
http://www.youtube.com/watch?v=oLel1sMDpEM&list=LPWCeFjm-hYPo&index=1&feature=plcp
ために
仏教の瞑想 - ラマオーレNydahl

http://www.youtube.com/watch?v=-49FV0Bs6mw&list=LPWCeFjm-hYPo&index=2&feature=plcp
ために
ガーデンズの仏 - HD - カーミング自然仏瞑想
http://www.youtube.com/watch?v=E2a5RZjzC8A&list=LPWCeFjm-hYPo&index=3&feature=plcp

ウェブサイト:

夏目雅子ひまわり基金 - 癌と日本の女性を支援する慈善団体。それはとてもそれをチェックアウト行く非常に良い大義のためです。

FOREVER雅子 - 公式夏目雅子のウェブサイト。
masako_1

masako_2

masako_3

英国のテレビボイスオーバー:マリア・ウォーバーグ:

マリア・ウォーバーグは、1952年に生まれた英国の女優です。彼女が主演しました
大蔵経の文字をダビング日本のアクションシリーズモンキー、
英語で。彼女はまた、文字ジュリアMatostheのためにダビングしました
シリーズダンシン日。彼女はのオーディオテープでささやきの声でした
ファーシングウッド(ないテレビシリーズの動物彼女がしばしばあるように
)と混同。彼女はまた、ゲストはで男のエピソードで主演しました
スーツケース(誰かが1968年に、勝…誰かを失う)と10番(
Asquiths、1983)。
マリアは後に彼女の家族の生活に専念するように作用するから引退しました
彼女は他の元の吹き替えキャストメンバーに返されなかったが
彼女はに結婚していた2004年に最後の13のエピソードを復元するモンキー
俳優ジョンChannellミルズは、1998年に亡くなるまで、彼らは3人の子供を持っています。

1966水曜日2016年8月24日

大和言葉

Khandhas上B.節(自身)

さらに、bhikkhusは、僧は(dhammasにAbhidhammapiṭakaの最初の本の名前と、(dhammaṃ)自然/条件/品質/プロパティ/特性をdhammasを観察ドエル;機能/練習/デューティ;オブジェクト/事/アイディア/現象。教義;法;徳/信心深さ;正義、法律や仏の真実、仏教の経典; Abhidhammaのpiṭakaと(dhammaṃ)自然/条件/品質/プロパティ/特性の最初の本の名前の閾値の宗教;関数/練習/デューティ;オブジェクト/事/アイディア/現象;教義;法;徳/信心深さ;正義;仏の法則や真理、仏教の経典;宗教)5 khandhas(自身)を基準としました。機能/練習/デューティ;オブジェクト/事/アイディア/さらに、bhikkhus、どのよう僧はdhammasでdhammas(Abhidhammapiṭakaの最初の本の名前と、(dhammaṃ)自然/条件/品質/プロパティ/特性を観察住むん現象;教義;法;徳/信心深さ;正義、法律や仏の真実、仏教の経典; Abhidhammaのpiṭakaと(dhammaṃ)自然/条件/品質/プロパティ/特性の最初の本の名前の閾値の宗教;関数/練習/デューティ;オブジェクト/事/アイディア/現象;教義;法;徳/信心深さ;正義;仏の法則や真理、仏教の経典;宗教)5 khandhas(自身)を基準としましたか?

ここでは、bhikkhus、僧は[見分ける]:「そのようなものがルパ(。フォーム、図形、形状、画像、表現、体;グラムで口頭または名目形;美しさ、自然の状態、特性)され、そのようなものが(samudayaですルパの多数)(フォーム、図形、形状;上昇、起源、開始;発信、原因画像、表現、体;グラムで口頭または名目上のフォーム;美しさ、自然の状態、特性)、そのようなものが離れて通過していますそのようなものがvedanā(感/感覚/感覚;痛み/苦痛)であり、そのようなあるルパ(グラムで口頭または名目形;;;画像、表現;体。美しさ、自然の状態、特性フォーム、図形、形状)のvedanā(感/感覚/感覚;痛み/苦痛)のsamudaya(多数台頭、起源、開始;発信、原因となる)、そのようなものが離れてvedanā(感/感覚/感覚;痛み/苦痛);の通過しているそのようなものがありますSANNA(センス、意識、知覚、知性、思考、記号、ジェスチャー;名);発信、原因、などがsamudaya(ライズ、起源、開始です。知性、思考; SANNA(センス、意識、知覚の多数)記号、ジェスチャー;)名;知性、思考;記号、ジェスチャー名)、そのような離れSANNA(センス、意識、知覚の渡しです。このように行(、構築準備、完成、飾る;集計;問題;カルマ; skandhas)されている行の(、構築準備、完成、飾る、などがsamudaya(多数;発信、原因ライズ、起源、開始)です。集約;問題;カルマ;集計;問題;カルマ; skandhas)skandhas)は、そのようには離れて行(、構築準備、完成、飾るの渡しです。 、そのようなものがsamudaya(ライズ、起源、開始;発信、原因;多数)であるviññāṇaの(知能、知識、意識、思考、心)、などが通過するようにviññāṇa(;;意識の思考、心知能、知識)であります離れviññāṇaの(知能、知識、意識、思考、心)」。
機能/練習/デューティ;オブジェクト/事/アイディア/現象;教義;法律;美徳こうして彼はdhammasでdhammas(Abhidhammapiṭakaと(dhammaṃ)自然/条件/品質/プロパティ/特性の最初の本の名前を観察宿ります/信心深さ;正義、法律や仏の真実、仏教の経典;機能/練習/デューティ; Abhidhammaのpiṭakaと(dhammaṃ)自然/条件/品質/プロパティ/特性の最初の本の名前の閾値の宗教;ブジェクト/事/アイディア/現象;教義;法;徳/信心深さ;正義;仏の法則や真理、仏教の経典;宗教)5 khandhas(自身)を基準としました。機能/練習/デューティ;オブジェクト/事/アイディア/さらに、bhikkhus、どのよう僧はdhammasでdhammas(Abhidhammapiṭakaの最初の本の名前と、(dhammaṃ)自然/条件/品質/プロパティ/特性を観察住むん現象;教義;法;徳/信心深さ;正義、法律や仏の真実、仏教の経典; Abhidhammaのpiṭakaと(dhammaṃ)自然/条件/品質/プロパティ/特性の最初の本の名前の閾値の宗教;関数/練習/デューティ;オブジェクト/事/アイディア/現象;教義;法;徳/信心深さ;正義;仏の法則や真理、仏教の経典;宗教)5 khandhas(自身)を基準としましたか?

http://io9.com/buddhism/

09出場時間:-10をhttp://www.youtube.com/watch?v=EwuQRUuZ76w&feature=player_embedded~~V

ために
猿は仏を満たしています
倫理的な哲学の虹色、腸痛む教訓を持つ子供のアニメシリーズ

Annalee Newitz

太平洋を渡る方法を作った古典的な子供のアニメ番組の一つは、モンキーマジックでした、
それは戦い、冗談でいっぱいでした。 約と非常に深い教訓
哲学と倫理。私は猿が満たしている、特にこの1を、愛します
仏、と彼はあるが、宇宙のちっぽけなドットが占有することを学びます
仏によって、その身勝手さは、他の人に痛みを引き起こします。えました
猿のような奇抜なアニメーションは、仏の心となりに深くダイブ
であることの性質についての恐ろしい発見。最良の部分は、ということです
全体のものは、実際の仏教の話に基づいています。

ここでは、この真剣に奇妙な(そして悲劇的に忘れてしまった)ショーに信用シーケンスを開くはつらつです。

ウェブサイト:

夏目雅子ひまわり基金 - 癌と日本の女性を支援する慈善団体。それはとてもそれをチェックアウト行く非常に良い大義のためです。

FOREVER雅子 - 公式夏目雅子のウェブサイト。
masako_1

masako_2

masako_3

英国のテレビボイスオーバー:マリア・ウォーバーグ:

マリア・ウォーバーグは、1952年に生まれた英国の女優です。彼女が主演しました
大蔵経の文字をダビング日本のアクションシリーズモンキー、
英語で。彼女はまた、文字ジュリアMatostheのためにダビングしました
シリーズダンシン日。彼女はのオーディオテープでささやきの声でした
ファーシングウッド(ないテレビシリーズの動物彼女がしばしばあるように
)と混同。彼女はまた、ゲストはで男のエピソードで主演しました
スーツケース(誰かが1968年に、勝…誰かを失う)と10番(
Asquiths、1983)。
マリアは後に彼女の家族の生活に専念するように作用するから引退しました
彼女は他の元の吹き替えキャストメンバーに返されなかったが
彼女はに結婚していた2004年に最後の13のエピソードを復元するモンキー
俳優ジョンChannellミルズは、1998年に亡くなるまで、彼らは3人の子供を持っています。


1966水曜日2016年8月24日

大和言葉

Bojjhaṅgas上D.節(菩提のメンバーや構成、仏の最高の知識を得るための7bojjhaṅgasまたは前提条件があります)

さらに、bhikkhusは、僧は(dhammasにAbhidhammapiṭakaの最初の本の名前と、(dhammaṃ)自然/条件/品質/プロパティ/特性をdhammasを観察ドエル;機能/練習/デューティ;オブジェクト/事/アイディア/現象。教義;法;徳/信心深さ;正義、法律や仏の真実、仏教の経典; Abhidhammaのpiṭakaと(dhammaṃ)自然/条件/品質/プロパティ/特性の最初の本の名前の閾値の宗教;関数/練習/デューティ;オブジェクト/事/アイディア/現象;教義;法;徳/信心深さ;正義;仏の法則や真理、仏教の経典;宗教)7bojjhaṅgasを基準としました。機能/練習/デューティ;オブジェクト/事/アイディア/さらに、bhikkhus、どのよう僧はdhammasでdhammas(Abhidhammapiṭakaの最初の本の名前と、(dhammaṃ)自然/条件/品質/プロパティ/特性を観察住むん現象;教義;法;徳/信心深さ;正義、法律や仏の真実、仏教の経典; Abhidhammaのpiṭakaと(dhammaṃ)自然/条件/品質/プロパティ/特性の最初の本の名前の閾値の宗教;関数/練習/デューティ;オブジェクト/事/アイディア/現象;教義;法;徳/信心深さ;正義;仏の法則や真理、仏教の経典;宗教)7bojjhaṅgas(会員またはの構成を参照して、提、仏の最高の知識を得るための7bojjhaṅgasまたは前提条件が)がありますか?

ここでは、僧は、サティsambojjhaṅga(回想そこにいるbhikkhus;心のアクティブ状態、任意の件名、注意、注意力、思考、反射時に強く心を固定し、菩提のメンバーまたは構成成分としての意識は、7bojjhaṅgasはありますか内に存在する)仏の最高の知識を達成するための前提条件は、理解:「サティsambojjhaṅga(回想がある。心のアクティブ状態、任意の被写体に強く心を固定し、注意、注意力、思考、反射、意識がメンバーとして、または、菩提の構成、「私の中で仏の最高の知識を)達成するための7bojjhaṅgasまたは前提条件がありますサティsambojjhaṅga(回想されない。心のアクティブ状態、任意の被写体に強く心を固定し、注意、注意力、思考、反射、菩提のメンバーまたは構成成分としての意識、最高の知識を達成するための7bojjhaṅgasまたは前提条件があります内に存在する仏)の、彼は理解します:「何サティsambojjhaṅga(回想ありません。心のアクティブ状態、任意の被写体に強く心を固定し、注意、注意力、思考、反射、会員または菩提の構成成分としての意識が、そこ私の中で)仏の最高の知識を得るための7bojjhaṅgasまたは前提条件」です。彼は理解してどのようにunarisenサティsambojjhaṅga(追憶;心のアクティブ状態、会員または菩提の構成成分として任意の件名、注意、注意力、思考、反射、意識に強く心を固定し、最高を達成するための7bojjhaṅgasや要件がありますの知識)が生じることになります。彼はサティsambojjhaṅga(回想生じ方法を理解し、心のアクティブ状態、任意の被写体に強く心を固定し、注意、注意力、思考、反射、意識菩提のメンバーまたは構成成分として、最高を達成するための7bojjhaṅgasまたは前提条件があります仏)の知識が完璧に開発されています。


こdhammavicayaのsambojjhaṅga(教義の調査、会員または菩提の構成、仏の最高の知識を得るための7bojjhaṅgasや要件が
あるとして宗教研究)現在は内、彼は理解がある: “のdhammavicayasambojjhaṅga(調査があります
教義、会員または菩提の構成成分として宗教的な研究、「私の中で仏の最高の知識を)達成するための7bojjhaṅgasまたは前提条件があります
こdhammavicayaが内に存在sambojjhaṅgaされていないが、彼は理解します:「何dhammavicayaの
sambojjhaṅgaが(教義の調査、仏の最高の知識を得るための7bojjhaṅgasや必需品があるメンバーや菩提の構成成分としての宗教研究)
私の中ではありません
“;彼はunarisen dhammavicayasambojjhaṅga(教義の調査、会員または菩提の構成成分としての宗教的な研究は、仏の最高の知識を得るための7bojjhaṅgasや要件がある)が生じるようになる方法を理解しています。彼は完璧に開発されている(、仏の最高の知識を得るための7bojjhaṅgasまたは前提条件が存在するメンバーや菩提の構成成分として教義の調査、宗教研究)dhammavicayasambojjhaṅgaを生じ方法を理解しています。

vīriyasambojjhaṅga
という存在は内、彼は理解してあります(会員または菩提の構成成分として拡散クリーパーを、仏の最高の知識を得るための7bojjhaṅgasまたは前提
条件があります): “vīriyasambojjhaṅga(拡散クリーパーとして存在します
メンバーや菩提の構成、「私の中で仏の最高の知識を)達成するための7bojjhaṅgasまたは前提条件があります
として何vīriyaのsambojjhaṅga(拡散クリーパーがありません:彼は理解し、内に存在するvīriyasambojjhaṅga(会員ま
たは菩提の構成成分として拡散クリーパー、7bojjhaṅgasまたは前提条件が仏の最高の知識を達成するためにそこにある)そこにいるではありません
メンバーや菩提の構成、「私の中で仏の最高の知識を)達成するための7bojjhaṅgasまたは前提条件があります彼は理解してどのようにunarisenvīriyasambojjhaṅga(会員または菩提の構成、仏の最高の知識を得るための7bojjhaṅgasや要件があるとして拡散クリーパー)が生じることになります。彼は生じvīriyasambojjhaṅga完璧に開発されている(会員または菩提の構成成分として拡散クリーパーは、仏の最高の知識を得るための7bojjhaṅgasや要件があります)どのように理解しています。

そこにいるピティsambojjhaṅga(会員または菩提の構成成分として飲む、仏の最高の知識を得るための7bojjhaṅgasや要件があります)現在は内、彼は理解しが:」があるピティsambojjhaṅga(会員またはの構成成分として飲みます菩提、「私の中で仏の最高の知識を)達成するための7bojjhaṅgasまたは前提条件があります
に存在する(会員または菩提の構成成分として飲む、7bojjhaṅgasまたは前提条件が仏の最高の知識を達成するためにそこにある)ピティ
sambojjhaṅgaされ、彼はそこに理解していない:「何ピティsambojjhaṅgaがありません(メンバーまたは構成成分として飲みます
菩提の、「私の中で仏の最高の知識を)達成するための7bojjhaṅgasまたは前提条件があります彼は理解してどのようにunarisenピティsambojjhaṅga発生するようになる(会員または菩提、仏の最高の知識を得るための7bojjhaṅgasや要件があるの構成成分として飲みます)。彼は生じピティsambojjhaṅga完璧に開発されている(会員または菩提の成分として飲むには、仏の最高の知識を得るための7bojjhaṅgasや要件があります)どのように理解しています。

passaddhi
ているそこに存在は内、彼は理解して(会員または菩提の構成成分として、冷静、安息、静けさのsambojjhaṅgaを沈静化、仏の最高の知識を得るた
めの7bojjhaṅgasまたは前提条件があります): “passaddhisambojjhaṅgaが(存在します
提のメンバーまたは構成成分として、冷静、安息、静けさのsambojjhaṅgaを沈静化、7bojjhaṅgasまたは要件は、仏の最高の知識を達成するためにあります)私の中 “;
こpassaddhisambojjhaṅgaいる(菩提のメンバーまたは構成成分として沈静化、冷静、安息、静けさのsambojjhaṅga、
7bojjhaṅgasまたは前提条件が仏の最高の知識を達成するためにそこにある)存在しない内に、彼は理解します:「何passaddhiがありませ
sambojjhaṅgaは私の中で」(会員または菩提の構成、仏の最高の知識を得るための7bojjhaṅgasや要件があるとして、冷静、安息、静けさのsambojjhaṅgaを沈静化)。
はどのようにunarisen
passaddhisambojjhaṅga(沈静化、冷静、安息、静けさのsambojjhaṅga菩提のメンバーまたは構成成分として、
7bojjhaṅgasまたは前提条件が仏の最高の知識を達成するためにあります)を理解生じることになります。
彼は生じpassaddhisambojjhaṅga完璧に開発されている(会員または菩提の構成成分として沈静化、冷静、安息、静けさのsambojjhaṅgaは、仏の最高の知識を得るための7bojjhaṅgasや要件があります)どのように理解しています。

そこにいるサマディsambojjhaṅga;存在する中で、彼は理解し(契約書、平和、和解、仏の最高の知識を得るための7bojjhaṅgasや要件があるメンバーや菩提の構成成分として穏やかな静けさ、自己濃度、): “がありますあるサマディsambojjhaṅga(契約書、平和、和解、会員または菩提の構成、仏の最高の知識を得るための7bojjhaṅgasや要件があるとして穏やかな静けさ、自己濃度、)私の中では “;されていない(契約は、平和、和解、会員または菩提の構成成分として穏やかな静けさ、自己濃度、仏の最高の知識を得るための7bojjhaṅgasや要件があります)sambojjhaṅgaありサマディ内に存在するが、彼は理解します。 “何サマディsambojjhaṅgaは「私の中ではありません。彼は理解してどのようにunarisenサマディsambojjhaṅga(協定は、平和、和解、会員または菩提の構成、仏の最高の知識を得るための7bojjhaṅgasや要件があるとして穏やかな静けさ、自己濃度は、)発生するようになります。完璧に開発されている;(会員または菩提の構成成分として穏やかな静けさ、自己濃度、仏の最高の知識を得るための7bojjhaṅgasや要件がある契約書、平和、和解)彼が起こっサマディsambojjhaṅgaがどのように理解しています。

そこupekkhāsambojjhaṅga内(痛みと快楽に無関心、平静、辞任、菩提のメンバーまたは構成成分として禁欲主義、仏の最高の知識を得るための7bojjhaṅgasや要件がある)現在、彼は理解している: “があるが、 upekkhāsambojjhaṅga私の中で」(会員または菩提の構成、仏の最高の知識を得るための7bojjhaṅgasや要件があるとして、痛みと喜び、平静、辞任、禁欲主義への無関心)。そこupekkhāsambojjhaṅga内(痛みと快楽に無関心、平静、辞任、菩提のメンバーまたは構成成分として禁欲主義、仏の最高の知識を得るための7bojjhaṅgasや要件がある)現在、彼は理解されていない:」がありますいいえ私の中で」(会員または菩提の構成、仏の最高の知識を得るための7bojjhaṅgasや要件があるとして、痛みと喜び、平静、辞任、禁欲主義への無関心)sambojjhaṅgaupekkhā。彼は理解してどのようにunarisenupekkhāsambojjhaṅga(会員または菩提の構成、仏の最高の知識を得るための7bojjhaṅgasや要件があるとして、痛みと喜び、平静、辞任、禁欲主義への無関心)が生じることになります。彼は生じupekkhāsambojjhaṅga完璧に開発されている(会員または菩提の構成成分として、痛みと喜び、平静、辞任、禁欲主義への無関心は、仏の最高の知識を得るための7bojjhaṅgasや要件があります)どのように理解しています。

機能/練習/デューティ;オブジェクト/事/アイディア/現象;教義;法律;美徳こうして彼はdhammasでdhammas(Abhidhammapiṭakaと(dhammaṃ)自然/条件/品質/プロパティ/特性の最初の本の名前を観察宿ります/信心深さ;正義、法律や仏の真実、仏教の経典;機能/練習/デューティ; Abhidhammaのpiṭakaと(dhammaṃ)自然/条件/品質/プロパティ/特性の最初の本の名前の閾値の宗教;ブジェクト/事/アイディア/現象;教義;法;徳/信心深さ;正義、法律や仏の真実、仏教の経典;宗教)は、内部、または彼が(dhammasにAbhidhammaの最初の本の名前をdhammasを観察宿りますpiṭakaと(dhammaṃ)自然/条件/品質/プロパティ/特性;機能/練習/デューティ;オブジェクト/事/アイディア/現象;教義;法;徳/信心深さ;正義、法律や仏の真実、仏教の経典; Abhidhammapiṭakaと(dhammaṃ)自然/条件/品質/プロパティ/特性の最初の本の名前の閾値の宗教;能/練習/義務。オブジェクト/事/アイディア/現象。教義;律;徳/信心深さ;正義;法律や仏の真実。仏教の経典。宗教)外部、または彼がdhammas(Abhidhammapiṭakaの最初の本の名前と(dhammaṃ)自然/条件/品質/プロパティ/特性観測ドエル;機能/練習/デューティ;オブジェクト/事/アイディア/現象;教義;法律をdhammasにおける宗教)特性自然/条件/品質/プロパティ/(Abhidhammaのpiṭakaと(dhammaṃの最初の本の名前);;;美徳/信心深さ;正義、法律や仏の真実、仏教の経典機能/プラクティス/デューティ;オブジェクト/事/アイディア/現象;教義;法;徳/信心深さ;正義、法律や仏の真実、仏教の経典;宗教)社内外。 dhammasにおける現象のや現象の逝去(サピンダスのdetergens)(Abhidhammapiṭakaの最初の本の名前と(dhammaṃ)自然/条件/品質を、彼はsamudaya(;;発信、原因多数台頭、起源、開始を)観察宿ります特性/プロパティ/;機能/練習/デューティ;オブジェクト/事/アイディア/現象;教義;法;徳/信心深さ;正義;仏の法則や真理、仏教の経典;宗教)、または彼が通過を観察宿ります離れdhammasにおける現象(Abhidhammapiṭakaと(dhammaṃ)自然/条件/品質/プロパティ/特性の最初の本の名前の、機能/練習/デューティ;オブジェクト/事/アイディア/現象;教義;法;徳/信心深さ;正義;仏の法則や真理、仏教の経典;宗教)、または彼はsamudaya(ライズ、起源、開始観察宿る;発信、原因;多数)とdhammasに離れ現象(サピンダスのdetergens)の渡し(名前をAbhidhammapiṭakaと(dhammaṃ)自然/条件/品質/プロパティ/特性の最初の本の。機能/練習/義務。オブジェクト/事/アイディア/現象。教義;法律;徳/信心深さ;正義;法律や仏の真実。仏教の経典。宗教);あるいは、[実現:];関数/練習/デューティ;オブジェクト/事/アイディア/現象;教義 “これらはdhammas(Abhidhammapiṭakaと(dhammaṃ)自然/条件/品質/プロパティ/特性の最初の本の名前です;法;徳/信心深さ;正義、法律や仏の真実、仏教の経典;!宗教)」サティ(回想;心のアクティブ状態は、任意の件名、注意、注意力、思考、反射、意識に強く心を固定)単なるNANA(知識)と単なるpaṭissatiの程度まで、彼の中に存在している(裁可、約束) 、彼は切り離さ宿る、と世界で何かに固執しません。機能/練習/デューティ;オブジェクト/事/アイディア/現象;教義したがって、僧はdhammasでdhammas(Abhidhammapiṭakaと(dhammaṃ)自然/条件/品質/プロパティ/特性の最初の本の名前を観察bhikkhusを宿ります;法;徳/信心深さ;正義;仏の法則や真理、仏教の経典; Abhidhammapiṭakaと(dhammaṃ)自然/条件/品質/プロパティ/特性の最初の本の名前の閾値の宗教;関数/練習/デューティ;オブジェクト/事/アイディア/現象;教義;法;徳/信心深さ;正義;仏の法則や真理、仏教の経典;宗教)、菩提の7bojjhaṅgasへの参照(会員または成分と、 7bojjhaṅgasや仏の最高の知識を達成するための要件)があります。

ウォッチしてください:

http://io9.com/buddhism/

09出場時間:-10をhttp://www.youtube.com/watch?v=EwuQRUuZ76w&feature=player_embedded~~V

ために
猿は仏を満たしています
倫理的な哲学の虹色、腸痛む教訓を持つ子供のアニメシリーズ

Annalee Newitz

太平洋を渡る方法を作った古典的な子供のアニメ番組の一つは、モンキーマジックでした、
それは戦い、冗談でいっぱいでした。 約と非常に深い教訓
哲学と倫理。私は猿が満たしている、特にこの1を、愛します
仏、と彼はあるが、宇宙のちっぽけなドットが占有することを学びます
仏によって、その身勝手さは、他の人に痛みを引き起こします。えました
猿のような奇抜なアニメーションは、仏の心となりに深くダイブ
であることの性質についての恐ろしい発見。最良の部分は、ということです
全体のものは、実際の仏教の話に基づいています。

ここでは、この真剣に奇妙な(そして悲劇的に忘れてしまった)ショーに信用シーケンスを開くはつらつです。

ウェブサイト:

夏目雅子ひまわり基金 - 癌と日本の女性を支援する慈善団体。それはとてもそれをチェックアウト行く非常に良い大義のためです。

FOREVER雅子 - 公式夏目雅子のウェブサイト。
masako_1

masako_2

masako_3

英国のテレビボイスオーバー:マリア・ウォーバーグ:

マリア・ウォーバーグは、1952年に生まれた英国の女優です。彼女が主演しました
大蔵経の文字をダビング日本のアクションシリーズモンキー、
英語で。彼女はまた、文字ジュリアMatostheのためにダビングしました
シリーズダンシン日。彼女はのオーディオテープでささやきの声でした
ファーシングウッド(ないテレビシリーズの動物彼女がしばしばあるように
)と混同。彼女はまた、ゲストはで男のエピソードで主演しました
スーツケース(誰かが1968年に、勝…誰かを失う)と10番(
Asquiths、1983)。
マリアは後に彼女の家族の生活に専念するように作用するから引退しました
彼女は他の元の吹き替えキャストメンバーに返されなかったが
彼女はに結婚していた2004年に最後の13のエピソードを復元するモンキー
俳優ジョンChannellミルズは、1998年に亡くなるまで、彼らは3人の子供を持っています。


1966水曜日2016年8月24日

大和言葉

真実にE.セクション

さらに、bhikkhusは、僧は(dhammasにAbhidhammapiṭakaの最初の本の名前と、(dhammaṃ)自然/条件/品質/プロパティ/特性をdhammasを観察ドエル;機能/練習/デューティ;オブジェクト/事/アイディア/現象。教義;法;徳/信心深さ;正義、法律や仏の真実、仏教の経典; Abhidhammaのpiṭakaと(dhammaṃ)自然/条件/品質/プロパティ/特性の最初の本の名前の閾値の宗教;関数/練習/デューティ;オブジェクト/事/アイディア/現象;教義;法;徳/信心深さ;正義、法律や仏の真実、仏教の経典;宗教)4 ariyaを基準とした・saccas(崇高な真理、ノーブル理)。機能/練習/デューティ;オブジェクト/事/アイディア/さらに、bhikkhus、どのよう僧はdhammasでdhammas(Abhidhammapiṭakaの最初の本の名前と、(dhammaṃ)自然/条件/品質/プロパティ/特性を観察住むん現象;教義;法;徳/信心深さ;正義、法律や仏の真実、仏教の経典; Abhidhammaのpiṭakaと(dhammaṃ)自然/条件/品質/プロパティ/特性の最初の本の名前の閾値の宗教;関数/練習/デューティ;オブジェクト/事/アイディア/現象;教義;法;徳/信心深さ;正義、法律や仏の真実、仏教の経典;宗教)4 ariyaを基準とした・saccas(崇高真実ノーブル真理)?

E1。 Dukkhasaccaの博覧会(苦しみの停止、永遠の至福)崇高真実、ノーブル真実のためのニッバーナ(究極のゴール))

そして、、がdukkhaのariyasacca(苦しみの停止、ニッバーナ(永遠の至福のための究極の目標)サブライム真実、ノーブル真実))何、bhikkhusですか?ジャティ(出産、出生または存在仏教の意味で、再誕生、新たな存在;系譜、家族、カースト、ソート、種類、様々な)がdukkha(苦しみの停止、ニッバーナ(永遠の至福のための究極の目標)サブライム真実です、ノーブル真実)、老化がdukkha(苦しみの停止、ニッバーナ永遠の至福のための(究極の目標)サブライム真実、ノーブル真実))(病気ががdukkha苦しみ、ニッバーナ永遠の至福のための(究極の目標)サブライム真実、ノーブル真実の(停止)でありますマラナは(瀕死、死亡)がdukkha(苦しみの停止、ニッバーナ(エターナルブリス)崇高真実、ノーブル真実のための究極の目標)、悲しみ、嘆き、がdukkha(苦しみの停止、ニッバーナ(エターナルブリス)崇高真実、ノーブルのための究極の目標であります真実)、domanassaサブライム真実、ノーブル真実)(落胆、暗がり、憂鬱)と苦痛ががdukkha(苦しみの停止、ニッバーナ(永遠の至福のための究極の目標である)、嫌われているものとの関連付けががdukkha(苦しみの停止、ニッバーナ(究極ですエターナルブリス)崇高真実、ノーブル真実)の目標、気に入っているものからの解離がdukkhaです(1つは欲しいものを得るためではない苦しみの停止、ニッバーナ(永遠の至福のための究極の目標は)崇高真実、ノーブル真実は)、がdukkhaである(の停止苦しみ、ニッバーナ(永遠の至福のための究極の目標)サブライム真実、ノーブル真実)要するに、5upādāna・K・khandhas(薪、燃料;存在にしがみついて、添付ファイル)がdukkha(苦しみの停止、ニッバーナ(永遠の至福のための究極の目標)サブライム真実、ノーブル真実)です。

そして、ジャティ(;生まれや存在仏教の意味で、再誕生、新たな存在;系譜、家族、カースト、ソート、種類、さまざまな誕生)何、bhikkhusですか? 、出産、ディセント[人間、ジャティ(;仏教の意味での出産や有無、再誕生、新たな存在;系譜、家族、カーストソート、種類、様々な誕生)の様々なクラスにおける様々な人間のために子宮へ]、[]世界では、外観、khandhasの幻影(自)、āyatanasの取得(場所は、住まい、家、座席、ランデブー場所住居、出没生じる、レセプタクル、鉱山;祭壇、神社、原産地、ソース、泉、原因、起源)。これは、bhikkhusは、ジャティ(;仏教の意味での出産や有無、再誕生、新たな存在;系譜、家族、カースト、ソート、種類、さまざまな誕生)と呼ばれています。

そして、何、bhikkhusは、(旧年齢、老朽化、減衰を)ハラのですか?人間の様々なクラスで様々な生き物、ハラ(旧年齢、老朽化、崩壊)、減衰された状態、[歯]を破ったの、灰色の髪を持つ、しわされているの、活力の衰退、崩壊のためにindriyas(感覚の拘束または征服)の:これ、bhikkhusは、ハラ(旧年齢、老朽化、崩壊)と呼ばれています。

そして、マラナ(死ぬ、死)何、bhikkhusですか?人間の様々なクラス、死亡、[存在のうち]シフトの状態、ブレークアップ、失踪、死亡、マラナ(、死を死ぬ)の逝去、ブレークアップで様々な人間のために(自身の)khandhas、死体の下に敷設:この、bhikkhus、と呼ばれマラナは(、死を死にます)。

そして、何、bhikkhus、悲しみは何ですか? 1で、不幸の様々な種類に関連付けられているbhikkhusは、がdukkhaのdhammas(苦しみの停止、ニッバーナ(永遠の至福のための究極の目標)の様々な種類が触れた(Abhidhammapiṭakaと(dhammaṃ)自然/条件/の最初の本の名前品質/プロパティ/特性;機能/練習/デューティ;オブジェクト/事/アイディア/現象;教義;法;徳/信心深さ;正義、法律や仏の真実、仏教の経典;宗教))、sorrrow、喪、悲しみの状態、内部悲しみ、内側の大きな悲しみ:これは、bhikkhusは、悲しみと呼ばれています。

そして、何、bhikkhus、哀悼はありますか? 1で、不幸の様々な種類に関連付けられているbhikkhusは、がdukkhaのdhammas(苦しみの停止、ニッバーナ(永遠の至福のための究極の目標)の様々な種類が触れた(Abhidhammapiṭakaと(dhammaṃ)自然/条件/の最初の本の名前品質/プロパティ/特性;機能/練習/デューティ;オブジェクト/事/アイディア/現象;教義;法;徳/信心深さ;正義、法律や仏の真実、仏教の経典;宗教))、叫び、哀歌、泣く、泣いての嘆き、状態、lamentatingの状態:この、bhikkhus、と呼ばれて哀悼。

そして、苦しみのdukkhaCessation、ニッバーナ(永遠の至福のための究極の目標は)何、bhikkhusですか?
であれ、bhikkhus、身体がdukkha(苦しみの停止、永遠の至福のためニッバーナ(究極の目標)、身体的不快感、がdukkha(苦しみの停
止、ニッバーナ(永遠の至福のための究極の目標)身体的接触によって生じる、不快vedayitas(知るために、確かめます)
:この、bhikkhus、と呼ばれているがdukkha苦しみの(停止永遠の至福のため、ニッバーナ(究極の目標)。

そして、domanassa(落胆、暗がり、憂鬱)何、bhikkhusですか?
であれ、bhikkhusは、精神がdukkha(中止は苦しみ、精神的な接触によって生じるエターナルブリス),,精神的不快感、がdukkha(苦し
みの停止、ニッバーナ(永遠の至福のための究極の目標)のためのニッバーナ(究極のゴール、不快vedayitasは(知るために、
)を確認:これを、bhikkhusは、domanassa(落胆、暗がり、憂鬱)と呼ばれています。

そして、何、bhikkhus、絶望は何ですか? 1で、不幸の様々な種類に関連付けられているbhikkhusは、がdukkhaのdhammas(苦しみの停止、ニッバーナ(永遠の至福のための究極の目標)の様々な種類が触れた(Abhidhammapiṭakaと(dhammaṃ)自然/条件/の最初の本の名前特徴的な品質/プロパティ/;機能/練習/デューティ;オブジェクト/事/アイディア/現象;教義;法;徳/信心深さ;正義、法律や仏の真実、仏教の経典;宗教)),,トラブル、絶望、トラブルであることの状態は、絶望の中にいる状態:この、bhikkhusは、絶望と呼ばれています。

そして、そこにあるがdukkha(、フォームのように、ここで?嫌です音、味、においが何に関連しているの苦しみの停止、ニッバーナ(永遠の至福のための究極の目標)、身体的現象や精神的な現象何、bhikkhusです、楽しい、不快ではない不快な、あるいは自分の欠点を望む人々である、自分の損失を望む人に、自分の不快感を望む人たち、彼らに遭遇、一緒にいる、関連している、添付ファイル、会議から1の非解放を望む人たち:この、bhikkhusは、嫌が何であるかに関連しているの)がdukkha(苦しみの停止、ニッバーナ(永遠の至福のための究極のゴールと呼ばれています。

そして、(フォームのように、ここで?合ったものから分離されているの苦しみの停止、ニッバーナ(永遠の至福のための究極のゴールは)、音、味、匂い、身体的現象や精神的な現象するがあるがdukkhaもの、bhikkhusです、喜ば楽しく、快適な、あるいは自分の優位性を望む人たちを、自分の利益を望む人は、自分の快適さを望む人は、添付ファイル、満たしていないから自分の解放を望む人たちは、彼らに遭遇ない、一緒にされていない、関連するものではありません。これは、bhikkhusは、快適であるものから分離されているのがdukkha(苦しみの停止、ニッバーナ(永遠の至福のための究極の目標)と呼ばれています。

そして、何、bhikkhusは、生まれての特性を有するがdukkha(苦しみの停止、人間では、1つは欲しいものを得ていないのニッバーナ(永遠の至福のための究極の目標)、bhikkhus、ある、そんな願いが発生:?「ああ、本当に、よいです私たちが誕生(ジャティに来ないかもしれないが、本当に私たちのために(ソート、種類、さまざまな;仏教の意味での出産や有無、再誕生、新たな存在;系譜、家族、カースト誕生)、およびそこジャティではありません。出生または存在仏教感、再誕生、新たな存在で、血統、家族、カースト;。。ソート、種類、様々な)「しかし、これは希望によって達成されるべきではないこれがdukkha(苦しみの停止、ニッバーナです一つは欲しいものを得ていないの(永遠の至福のための究極の目標)。

人間では、bhikkhusは、古くなっての特性を持つ、そんな願いが生じる:「ああ、私たちのために実際に、そこジャラすることはできません(旧年齢、老朽化、減衰が)、本当に、我々は老齢(JARAに来ないかもしれません、老朽、ディケイ)。」これは希望することによって達成されるものではありません。これがdukkha(1つは欲しいものを得ていないの永遠の至福のために苦しみ、ニッバーナ(究極の目標)の停止です。

病気の特性を持つ人間、bhikkhusでは、そんな願いが生じる:「ああ、本当に、私たちのために病気がない可能性があり、本当に、私たちは病気に来ないかもしれません。」これは希望することによって達成されるものではありません。これがdukkha(1つは欲しいものを得ていないの永遠の至福のために苦しみ、ニッバーナ(究極の目標)の停止です。

人間では、bhikkhusは、古くなっての特性を持つ、そんな願いが生じる:「ああ、本当に、本当にそこマラナ(死ぬ、死)私たちのために、あることとないかもしれない、私たちはマラナ(瀕死、死亡)に来ないかもしれません。」これは希望することによって達成されるものではありません。これがdukkha(1つは欲しいものを得ていないの永遠の至福のために苦しみ、ニッバーナ(究極の目標)の停止です。

人間では、bhikkhusは、悲しみ、嘆き、がdukkha(苦しみの停止、ニッバーナ(永遠の至福のための究極の目標)、domanassaと苦痛の特性を持つ、そんな願いが生じる:「ああ、本当に、悲しみ、嘆き、がdukkhaがない可能性があり苦しみ、ニッバーナ永遠の至福のための(究極の目標)の(停止、domanassa(落胆、暗がり、憂鬱)と私たちのために苦痛、そして実際に、私たちは悲しみに来ないかもしれない、嘆き、がdukkha(苦しみの停止、ニッバーナ(究極の目標のためにエターナルブリス)、domanassa(落胆、暗がり、憂鬱)および苦痛。「しかし、これは希望によって達成されるものではない。これがdukkha苦しみの(停止、ニッバーナ(永遠の至福のための究極の目標である)1は、欲しいものを得ていませんの。

そして、bhikkhusは、短い中5upādānakkhandhas(;存在にしがみついて、添付ファイル薪、燃料)何ですか?彼らは次のとおりです。ルパ(フォーム、図形、形状、画像、表現、体;グラムで口頭または名目上のフォーム;美しさ、自然な状態;特性。)upādānakkhandha(薪、燃料;存在にしがみついて、添付ファイル)、vedanā (感情、感覚、知覚、痛み、苦しみ)upādānakkhandha(薪、燃料;存在にしがみついて、添付ファイル)、サンナ(センス、意識、知覚、知性、思考、記号、ジェスチャー;名)upādānakkhandha(薪、燃料、しがみつきます有無、添付ファイル)に、行(、構築準備、完成、飾る;集計;問題;カルマ; skandhas)upādānakkhandha(薪、燃料;存在にしがみついて、添付ファイル)、viññāṇa(知能、知識、意識、思考、心)upādānakkhandha(薪、燃料;存在にしがみついて、添付ファイル)。これらは短い、bhikkhus、5upādānakkhandhas(;存在にしがみついて、添付ファイル薪、燃料)で呼び出されます。

これは、bhikkhus、がdukkhaのariyasacca(苦しみ、ニッバーナ永遠の至福のための(究極の目標)サブライム真実、ノーブル真実の停止))と呼ばれています

次のURLをご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=R96vx8QVlgE

ために
ラタナスッタ(1/4)僧菩提によってDHARMAの講義-1:52:09
2012年11月22日に公開
DHARMA講義、僧BodhiBioによってラタナのスッタ1:僧菩提は1944​​年にニューヨークで生まれた彼は、B.A.を受けましたブルックリン・カレッジ(1966年)と博士からの哲学のクレアモント大学院(1972年)から哲学インチ後半に1972年に彼は彼が遅くヴェンの下で僧侶として任命されたスリランカに行きました。 BalangodaアナンダマイトレーヤMahanayakaティラ。 1984年以来、彼はキャンディの仏教出版協会の編集者、および1988年以来の社長となっています。彼は上座部仏教上の多くの書籍の著者、翻訳者、およびエディタです。 http://www.sobhana.net/audio/english/bodhi/index.htm

スッ
タパーリTipitaka律Pitaka経蔵Abhidhamma
Pitaka仏ダンマダルマ仏教サンガ僧侶僧侶ラオス仏教カンボジアの仏教クメール語仏教タイの仏教スリランカLankian仏教ミャンマー仏教ビルマ仏
教アメリカの仏教マレーシア仏教Singaporian仏教中国の仏教チベット仏教ダンマ・トークダルマ指導ザ・談話マンガラ
ッタ瞑想サマディヴィパッサナーKaraniyaメッタスッタパーリ仏典四諦僧菩提Thanissaro僧の瞑想音楽癒しの音楽健全な不健全なカルマカンマラタナスッタ

http://www.youtube.com/watch?v=B0mtGoFU59k
ために
ラタナスッタ(2/4)僧菩提によってDHARMAの講義 - 1時01分27秒 - パート2/4
http://www.youtube.com/watch?v=dXWz9ugecgQ
ために
ラタナスッタ(3/4)僧菩提によってDHARMAの講義 - 午前1時03分16秒パート3/4
http://www.youtube.com/watch?v=n1cbVp6P0Ag
ために
ラタナスッタ(4/4)僧菩提によってDHARMAの講義 - 午前一時02分13秒パート4/4

ウォッチしてください:

http://io9.com/buddhism/

09出場時間:-10をhttp://www.youtube.com/watch?v=EwuQRUuZ76w&feature=player_embedded~~V

ために
猿は仏を満たしています
倫理的な哲学の虹色、腸痛む教訓を持つ子供のアニメシリーズ

Annalee Newitz

太平洋を渡る方法を作った古典的な子供のアニメ番組の一つは、モンキーマジックでした、
それは戦い、冗談でいっぱいでした。 約と非常に深い教訓
哲学と倫理。私は猿が満たしている、特にこの1を、愛します
仏、と彼はあるが、宇宙のちっぽけなドットが占有することを学びます
仏によって、その身勝手さは、他の人に痛みを引き起こします。えました
猿のような奇抜なアニメーションは、仏の心となりに深くダイブ
であることの性質についての恐ろしい発見。最良の部分は、ということです
全体のものは、実際の仏教の話に基づいています。

ここでは、この真剣に奇妙な(そして悲劇的に忘れてしまった)ショーに信用シーケンスを開くはつらつです。

ウェブサイト:

夏目雅子ひまわり基金 - 癌と日本の女性を支援する慈善団体。それはとてもそれをチェックアウト行く非常に良い大義のためです。

FOREVER雅子 - 公式夏目雅子のウェブサイト。
masako_1

masako_2

masako_3

英国のテレビボイスオーバー:マリア・ウォーバーグ:

マリア・ウォーバーグは、1952年に生まれた英国の女優です。彼女が主演しました
大蔵経の文字をダビング日本のアクションシリーズモンキー、
英語で。彼女はまた、文字ジュリアMatostheのためにダビングしました
シリーズダンシン日。彼女はのオーディオテープでささやきの声でした
ファーシングウッド(ないテレビシリーズの動物彼女がしばしばあるように
)と混同。彼女はまた、ゲストはで男のエピソードで主演しました
スーツケース(誰かが1968年に、勝…誰かを失う)と10番(
Asquiths、1983)。
マリアは後に彼女の家族の生活に専念するように作用するから引退しました
彼女は他の元の吹き替えキャストメンバーに返されなかったが
彼女はに結婚していた2004年に最後の13のエピソードを復元するモンキー
俳優ジョンChannellミルズは、1998年に亡くなるまで、彼らは3人の子供を持っています。

1966水曜日2016年8月24日

大和言葉

E2。 Samudayasaccaの博覧会

そして、、がdukkha-samudaya ariyasacca(苦しみの停止、ニッバーナ(永遠の至福の究極の目標)サブライム真実、ノーブル真実)何、bhikkhusですか?それは、このtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱である。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)、欲望と楽しみに接続された、復活につながるここまたはそこに喜びを見つけることに復活のための欲求は、すなわち:カーマ-taṇhāを)(フォンや官能的な喜びを望ん、有-taṇhā(主よ、サーとvibhava-taṇhā(パワー、繁栄、威厳、素晴らしさ、財産、富)。しかし、このtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱は。Taṇhāは、技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式での復活のための欲求)、
生じたときbhikkhusは、どこでそれが起こる、とセトリング時ありません
[自身]、どこに落ち着くのでしょうか?思われる世界で、その中
快適で心地よい、taṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱は。Taṇhāは技術的であることがあります
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式での復活のための欲求)、生じる、セトリング時、それが落ち着く場所、生じます。

そして、快適で心地よい世界で何ですか?世界の目は(ラスト、欲望、人間の情熱がtaṇhā、快適で快適である。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。世界で耳が快適で快適、そこtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱である。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。世界で鼻がtaṇhā、快適で快適です
(ラスト、欲望、人間の情熱。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。世界の舌は(ラスト、欲望、人間の情熱がtaṇhā、快適で快適である。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。世界で(体を参照)カヤ(ラスト、欲望、人間の情熱がtaṇhā、快適で快適である。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。マナ(および(manaṃ)心、知性、思考、心臓)の世界では、快適で快適である、(ラスト、欲望、人間の情熱がtaṇhā。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。

世界に目に見える形には(ラスト、欲望、人間の情熱がtaṇhā、快適で快適である。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。世界でサウンドが、そこtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱快適で心地良いです。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。世界で匂いは(ラスト、欲望、人間の情熱がtaṇhā、快適で快適である。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。世界の味はラスト、欲求は人間の情熱は、(そこtaṇhā、快適で快適である。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。世界で身体の現象がラスト、欲望は、(人間の情熱がtaṇhā、快適で快適である。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。 Dhammas(Abhidhammapiṭakaの最初の本の名前と(dhammaṃ)自然/条件/品質/プロパティ/
特性;機能/練習/義務。オブジェクト/事/アイディア/
現象;教義;法律;徳/信心深さ;正義;法律やの真実
仏;仏教の経典。世界の宗教)は、快適で快適である人間の情熱は、(ラスト、欲望がtaṇhā。Taṇhāは、技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。

目viññāṇa(知能、知識、意識、思考、心)の世界では、快適で快適である、(ラスト、欲望、人間の情熱がtaṇhāTaṇhāは技術的です。
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。世界で耳viññāṇaは(ラスト、欲望、人間の情熱がtaṇhā、快適で快適である。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。鼻viññāṇa(知能、知識、意識、思考、心)の世界では、快適で快適である、(ラスト、欲望、人間の情熱がtaṇhāTaṇhāは技術的です。
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。舌viññāṇa(知能、知識、意識、思考、心)の世界では、快適で快適である、(ラスト、欲望、人間の情熱がtaṇhāTaṇhāは技術的です。
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。世界でカヤ-viññāṇaは(ラスト、欲望、人間の情熱がtaṇhā、快適で快適である。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。マナ-viññāṇa(知能、知識、意識、思考、心)の世界では(ラスト、欲望、人間の情熱がtaṇhā、快適で快適であるTaṇhāは技術的です。
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。

世界で目samphassa(連絡先)(欲望、願望、人間の情熱がtaṇhā、快適で快適である。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。世界で耳samphassa(連絡先)は、快適で快い、そこtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱である。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。世界で鼻samphassa(連絡先)は、快適で快い、そこtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱である。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。世界で舌samphassa(連絡先)(欲望、願望、人間の情熱がtaṇhā、快適で快適である。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。世界でカヤ-samphassa(連絡先)(欲望、願望、人間の情熱がtaṇhā、快適で快適である。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。世界でマナ-samphassaは(ラスト、欲望、人間の情熱がtaṇhā、快適で快適である。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。

世界に目をsamphassa(連絡先)から生まれたvedanāは(ラスト、欲望、人間の情熱がtaṇhā、快適で快適である。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。世界で耳samphassa(連絡先)から生まれたvedanāは、快適で快適、そこtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱である。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。世界で鼻samphassa(連絡先)から生まれたvedanāは、快適で快適、そこtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱である。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。世界で舌samphassa(連絡先)から生まれたvedanāは、快適で快適、そこtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱である。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。世界でカヤ-samphassa(連絡先)から生まれたvedanāは(ラスト、欲望、人間の情熱がtaṇhā、快適で快適である。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。世界でマナ-samphassa(連絡先)から生まれたvedanāは(ラスト、欲望、人間の情熱がtaṇhā、快適で快適である。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。

SANNA(センス、意識、知覚、知性、思考、記号、ジェスチャー;名)の世界で目に見える形のは、快適で快適、そこtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱であるTaṇhāは技術的です。
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。世界で音のサンナは、快適で快適、そこtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱である。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。 SANNA(センス、意識、知覚、知性、思考、記号、ジェスチャー;名)の世界で臭いのは、快適で快適、そこtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱であるTaṇhāは技術的です。
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。 SANNA(センス、意識、知覚、知性、思考、記号、ジェスチャー;名)、世界の味のは、快適で快適、そこtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱であるTaṇhāは技術的です。
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。 SANNA(センス、意識、知覚、知性、思考、記号、ジェスチャー;名)の世界で身体現象のは、快適で快適、そこtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱であるTaṇhāは技術的です。
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。 Dhammas(Abhidhammapiṭakaの最初の本の名前と(dhammaṃ)自然/条件/品質/プロパティ/のSANNA(名前感覚、意識、知覚、知性、思考;記号、ジェスチャー)
特性;機能/練習/義務。オブジェクト/事/アイディア/
現象;教義;法律;徳/信心深さ;正義;法律やの真実
仏;仏教の経典。世界の宗教は)(欲望、願望、人間の情熱がtaṇhā、快適で快適である。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。

世界で意思【に関連する可視フォームが快適で快適、そこtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱である。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式での復活のための欲求)、
セトリング時、発生し、そこに生じたとき、それが落ち着きます。意図
世界が快適で快適であるの[に関連する]が鳴り、(ラスト、欲望、人間の情熱がtaṇhā。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式での復活のための欲求)、
セトリング時、発生し、そこに生じたとき、それが落ち着きます。意図
【に関連する]世界で匂いが快適で快適である、そこにtaṇhā(ラストは、欲望、人間の情熱は。Taṇhāは、技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式での復活のための欲求)、
セトリング時、発生し、そこに生じたとき、それが落ち着きます。意図
世界が快適で快適であるに[関連する]は、味、(ラスト、欲望、人間の情熱がtaṇhā。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式での復活のための欲求)、
セトリング時、発生し、そこに生じたとき、それが落ち着きます。意図
世界で身体現象[に関連する]は、快適で快適です
(ラスト、欲望、人間の情熱がtaṇhā。Taṇhāは、技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。世界でdhammas【に関連する]意図は、快適で快適、そこtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱である。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。

taṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
世界に目に見える形のための存在の三つの形式での復活のための欲求)がtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱は、快適で快いがある。Taṇhāは、技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。 taṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
世界でサウンドの有無の3形態での復活のための欲求)がtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱は、快適で快いがある。Taṇhāは、技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。 taṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
世界で臭いのために存在する3つの形態での復活のための欲求)がtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱は、快適で快いがある。Taṇhāは、技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。 taṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
世界の好みのための存在の三つの形式での復活のための欲求)がtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱は、快適で快いがある。Taṇhāは、技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。 taṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
世界で身体の現象の存在の三つの形式での復活のための欲求)が快適で快適である、欲望、願望、人間の情熱は(そこtaṇhā。Taṇhāは、技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。 taṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
dhammas(Abhidhammapiṭakaの最初の本の名前と(dhammaṃ)自然/条件/品質/プロパティ/のための存在の三つの形式での復活のための欲求)
特性;機能/練習/義務。オブジェクト/事/アイディア/
現象;教義;法律;徳/信心深さ;正義;法律やの真実
仏;仏教の経典。世界の宗教は)(欲望、願望、人間の情熱がtaṇhā、快適で快適である。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。

vitakka(推論)世界で目に見える形のは、快適で快適、そこtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱である。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。 vitakka(推論)世界で音のは、快適で快適、そこtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱である。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。世界で臭いのvitakka(推論)は(ラスト、欲望、人間の情熱がtaṇhā、快適で快適である。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。世界の味のvitakka(推論)は(ラスト、欲望、人間の情熱がtaṇhā、快適で快適である。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。 vitakka(推論)世界で身体現象のは、快適で快適、そこtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱である。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。 dhammasのvitakka(推論)(Abhidhammapiṭakaと(dhammaṃ)自然/条件/品質/プロパティの最初の本の名前/
特性;機能/練習/義務。オブジェクト/事/アイディア/
現象;教義;法律;徳/信心深さ;正義;法律やの真実
仏;仏教の経典。世界の宗教は)(欲望、願望、人間の情熱がtaṇhā、快適で快適である。Taṇhāは技術的です
termthatは仏教哲学で見つかった、とのリンクの一つです
paṭiccasamuppāda。 3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、
存在の三つの形式)での復活のための欲求は、発生するとき、セトリング時、それが落ち着くそこに、生じます。

ウォッチしてください:

http://io9.com/buddhism/

09出場時間:-10をhttp://www.youtube.com/watch?v=EwuQRUuZ76w&feature=player_embedded~~V

ために
猿は仏を満たしています
倫理的な哲学の虹色、腸痛む教訓を持つ子供のアニメシリーズ

Annalee Newitz

太平洋を渡る方法を作った古典的な子供のアニメ番組の一つは、モンキーマジックでした、
それは戦い、冗談でいっぱいでした。 約と非常に深い教訓
哲学と倫理。私は猿が満たしている、特にこの1を、愛します
仏、と彼はあるが、宇宙のちっぽけなドットが占有することを学びます
仏によって、その身勝手さは、他の人に痛みを引き起こします。えました
猿のような奇抜なアニメーションは、仏の心となりに深くダイブ
であることの性質についての恐ろしい発見。最良の部分は、ということです
全体のものは、実際の仏教の話に基づいています。

ここでは、この真剣に奇妙な(そして悲劇的に忘れてしまった)ショーに信用シーケンスを開くはつらつです。

ウェブサイト:

夏目雅子ひまわり基金 - 癌と日本の女性を支援する慈善団体。それはとてもそれをチェックアウト行く非常に良い大義のためです。

FOREVER雅子 - 公式夏目雅子のウェブサイト。
masako_1

masako_2

masako_3

英国のテレビボイスオーバー:マリア・ウォーバーグ:

マリア・ウォーバーグは、1952年に生まれた英国の女優です。彼女が主演しました
大蔵経の文字をダビング日本のアクションシリーズモンキー、
英語で。彼女はまた、文字ジュリアMatostheのためにダビングしました
シリーズダンシン日。彼女はのオーディオテープでささやきの声でした
ファーシングウッド(ないテレビシリーズの動物彼女がしばしばあるように
)と混同。彼女はまた、ゲストはで男のエピソードで主演しました
スーツケース(誰かが1968年に、勝…誰かを失う)と10番(
Asquiths、1983)。
マリアは後に彼女の家族の生活に専念するように作用するから引退しました
彼女は他の元の吹き替えキャストメンバーに返されなかったが
彼女はに結婚していた2004年に最後の13のエピソードを復元するモンキー
俳優ジョンChannellミルズは、1998年に亡くなるまで、彼らは3人の子供を持っています。

1966水曜日2016年8月24日

大和言葉

E3。の博覧会
消滅

そして、、がdukkha-samudaya ariyasacca(苦しみの停止、ニッバーナ(永遠の至福のための究極の目標)サブライム真実、ノーブル真実)何、bhikkhusですか?
れはTaṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatである。このtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱であり、
paṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsは、rūpatkāmataṇhāです。、arūpat。、で復活のための欲
存在の三つの形式)、欲望と楽しみに接続された、復活につながるここまたはそこに喜びを見出す、すなわち:カーマ-taṇhā)は(フォンドや官能的な喜びを望ん、有-taṇhā(主よ、サー)とvibhava-taṇhā (パワー、繁栄、威厳、素晴らしさ、財産、富)。
かし、このtaṇhāは(渇望は、欲望は、人間の情熱は。Taṇhāは、技術的termthatは仏教哲学で発見され、paṭiccasamuppāda
のリンクのいずれかである。3taṇhāsは、rūpatkāmataṇhāです。、arūpat。、3で復活のための欲求
放棄されたとき、存在の形)、bhikkhusは、どこにそれが放棄され、中止するとき、どこにやめるのでしょうか? taṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱。Taṇhāは技術的termthat仏教哲学で発見されている場所な、快適で快適なようで、paṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsがkāmataṇhāがある世界では、その中で、 rūpat。、arūpat。存在の三つの形式で再生するための、欲望)、放棄されたとき、中止するとき、それはなくなった場合には、放棄されます。

そして、快適で心地よい世界で何ですか?世界の目は、快適で快適である、そこにtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱。Taṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatで、paṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsは、rūpatkāmataṇhāあります。、棄されたときarūpat。、存在の三つの形式での復活のための欲求)、中止するとき、それは止まるあり、放棄されます。世界で耳が快適で快適である、そこにtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱。Taṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatで、paṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsは、rūpatkāmataṇhāあります。、棄されたときarūpat。、存在の三つの形式での復活のための欲求)、中止するとき、それは止まるあり、放棄されます。世界で鼻が快適で快適である、そこにtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱。Taṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatで、paṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsは、rūpatkāmataṇhāあります。、棄されたときarūpat。、存在の三つの形式での復活のための欲求)、中止するとき、それは止まるあり、放棄されます。世界の舌は快適で快適である、そこにtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱。Taṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatで、paṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsは、rūpatkāmataṇhāあります。、棄されたときarūpat。、存在の三つの形式での復活のための欲求)、中止するとき、それは止まるあり、放棄されます。
界でカヤは快適で快適である、そこにtaṇhā(ラストは、欲望は、人間の情熱は。Taṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatで、
paṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsはkāmataṇhāある、rūpat。、arūpat
中止するとき。、そこに、放棄され、放棄された存在の三つの形式)で再生するために望むことはなくなります。マナ(および(manaṃ)心、知性、思考、心臓)の世界では、快適で快適である、そこにtaṇhā(ラストは、欲望は、人間の情熱。Taṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatであり、1でありますpaṭiccasamuppādaのリンクから。3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、放棄された存在の三つの形式)、で復活のための欲求は中止するとき、それは止まるあり、放棄されます。


界に目に見える形ではありtaṇhā、快適で心地よいです(ラストは、欲望、人間の情熱。Taṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatで、
paṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsはkāmataṇhā、rūpatあります。、
棄されたときarūpat。、存在の三つの形式での復活のための欲求)、中止するとき、それは止まるあり、放棄されます。
界では音がありtaṇhā、快適で心地よいです(ラストは、欲望は、人間の情熱は。Taṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatで、
paṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsは、rūpatkāmataṇhāです。、arūpat
中止するとき。、そこに、放棄され、放棄された存在の三つの形式)で再生するために望むことはなくなります。
界で匂いがtaṇhā、快適で心地よいです(ラストは、欲望は、人間の情熱は。Taṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatで、
paṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsは、rūpatkāmataṇhāです。、arūpat
中止するとき。、そこに、放棄され、放棄された存在の三つの形式)で再生するために望むことはなくなります。世界の味は、人間の情熱は、(ラスト、欲望がtaṇhā、快適で快適である。Taṇhāは技術的termthatある仏教哲学で見つかった、とpaṭiccasamuppādaのリンクのいずれかです。3taṇhāsは、rūpatkāmataṇhāです。、arūpat中止するとき。、そこに、放棄され、放棄された存在の三つの形式)で再生するために望むことはなくなります。
界で身体の現象は、そこtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱快適で心地良いです。Taṇhāは、技術的termthatある仏教哲学で見つかった、と
paṭiccasamuppādaのリンクのいずれかです。3taṇhāsは、rūpatkāmataṇhāあります。、
棄されたときarūpat。、存在の三つの形式での復活のための欲求)、中止するとき、それは止まるあり、放棄されます。 Dhammas Abhidhammapiṭakaと(dhammaṃ)自然/条件/品質/プロパティ/特性の最初の本の(名前;関数/練習/デューティ;オブジェクト/事/アイディア/現象;教義;法;徳/信心深さ、正義;仏の法則や真理、仏教の経典;宗教)の世界では(ラスト、欲望、人間の情熱がtaṇhā、快適で快適であるTaṇhāは技術的termthatは仏教哲学で発見され、のリンクのいずれかです。 paṭiccasamuppāda。3taṇhāsは、rūpatkāmataṇhāです。、arūpat。、放棄された存在の三つの形式)、で復活のための欲求は中止するとき、それは止まるあり、放棄されます。

目viññāṇa(知能、知識、意識、思考、心)の世界では、快適で快適である、そこにtaṇhā(ラストは、欲望は、人間の情熱はTaṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatある、とのリンクのいずれかです。やめるとき存在の三つの形式での復活のためのpaṭiccasamuppāda。3taṇhāsはkāmataṇhāある、rūpat。、arūpat。、欲望)の、放棄されたとき、そこに、放棄され、それが停止します。耳viññāṇa(知能、知識、意識、思考、心)の世界では、快適で快適である、そこにtaṇhā(ラストは、欲望は、人間の情熱はTaṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatある、とのリンクのいずれかです。やめるとき存在の三つの形式での復活のためのpaṭiccasamuppāda。3taṇhāsはkāmataṇhāある、rūpat。、arūpat。、欲望)の、放棄されたとき、そこに、放棄され、それが停止します。鼻viññāṇa(知能、知識、意識、思考、心)の世界では、快適で快適である、そこにtaṇhā(ラストは、欲望は、人間の情熱はTaṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatある、とのリンクのいずれかです。やめるとき存在の三つの形式での復活のためのpaṭiccasamuppāda。3taṇhāsはkāmataṇhāある、rūpat。、arūpat。、欲望)の、放棄されたとき、そこに、放棄され、それが停止します。舌viññāṇa世界では(知能、知識;意識思考、心が)止めるとき、そこに、放棄され、放棄されたとき、そこにtaṇhā快適で快適である、それが停止します。 (体を参照)カヤ( - viññāṇa(知能、知識、意識、世界で考え、心が)、それはなくなった、放棄されたときに中止するとき、そこ、そこに放棄されtaṇhā快適合ったマナ(及び(manaṃ。 )心、知性、思考、心臓)-viññāṇa(知能、知識、意識;思考、心)の世界では、快適で快適である、そこにtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱はtaṇhāは、技術的なtermthatですやめるときに仏教哲学で見つかったとpaṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsは、rūpatkāmataṇhāです。存在の三つの形式で再生するため、arūpat。、欲望)、放棄されたとき、そこに、放棄され、それが止まります

世界で目samphassa(お問い合わせ)止めるとき、そこに、放棄され、放棄されたとき、そこにtaṇhā快適で快適である、それが停止します。世界で耳samphassa(連絡先)(ラストは、欲望、人間の情熱は。Taṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatがあるtaṇhā、快適で快適であり、かつpaṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsがありますkāmataṇhā、rūpat。、arūpatは、放棄された存在の三つの形式)、で復活のための欲求は中止するとき、それは止まるあり、放棄されます。世界で鼻samphassa(連絡先)(ラストは、欲望、人間の情熱は。Taṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatがあるtaṇhā、快適で快適であり、かつpaṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsがありますkāmataṇhā、rūpat。、arūpatは、放棄された存在の三つの形式)、で復活のための欲求は中止するとき、それは止まるあり、放棄されます。世界で舌samphassa(連絡先)は、快適で快適である、そこにtaṇhā(ラストは、欲望は、人間の情熱は。Taṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatで、paṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsがありますkāmataṇhā、rūpat。、arūpatは、放棄された存在の三つの形式)、で復活のための欲求は中止するとき、それは止まるあり、放棄されます。世界で(体を参照)カヤ-samphassa(連絡先)(ラストは、欲望、人間の情熱は。Taṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatがあるtaṇhā、快適で快適であり、かつpaṭiccasamuppādaのリンクのいずれかであります。3taṇhāsは、rūpatkāmataṇhāです。、arūpat。、放棄された存在の三つの形式)、で復活のための欲求は中止するとき、それは止まるあり、放棄されます。マナ(および(manaṃ)心、知性、思考、心の)世界で-samphassa(連絡先)(欲望、願望、人間の情熱がtaṇhā、快適で快適である。Taṇhāは、技術termthatが仏教で発見されます哲学、paṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsは、rūpatkāmataṇhāです。、arūpat。、放棄された存在の三つの形式)、で復活のための欲求は中止するとき、それは止まるあり、放棄されます。

vedanā(感情、感覚、知覚、痛み、苦しみ)は、世界に目をsamphassaから生まれたが、止めるとき、そこに、放棄され、放棄されたとき、そこにtaṇhā快適で快適である、それが停止します。 vedanā(感情、感覚、知覚、痛み、苦しみ)世界に耳samphassaから生まれたが、止めるとき、そこに、放棄され、放棄されたとき、そこにtaṇhā快適で快適である、それが停止します。 vedanā(感情、感覚、知覚、痛み、苦しみ)は、世界で鼻samphassaから生まれたが、快適で快適、そこtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱であるTaṇhāは、技術的なtermthatは仏教哲学で発見されており、1です。 paṭiccasamuppādaのリンクから。3taṇhāsは、kāmataṇhāあるrūpat。、arūpat。、放棄された存在の三つの形式)、で復活のための欲求は中止するとき、それは止まるあり、放棄されます。 vedanā(感情、感覚、知覚、痛み、苦しみ)は、世界で舌samphassaから生まれたが、止めるとき、そこに、放棄され、放棄されたとき、そこにtaṇhā快適で快適である、それが停止します。 vedanā(感情、感覚、知覚、痛み、苦しみ)。世界でカヤから生まれた(体を参照)-samphassaが快適で快適、そこtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱であるTaṇhāが技術的termthatですが中に発見されました仏教哲学、およびpaṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsは、rūpatkāmataṇhāです。、arūpat。、放棄された存在の三つの形式)、で復活のための欲求は中止するとき、それは止まるあり、放棄されます。 vedanā(感情、感覚、知覚、痛み、苦しみ)。世界でマナ-samphassa(連絡先)から生まれたが、快適で心地よい、そこtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱であるTaṇhāが技術的termthatでは、仏教哲学で発見され、そして、paṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsは中止するとき、それは止まるあり、rūpat。、arūpat。、放棄された存在の三つの形式)、で復活のための欲求は放棄され、kāmataṇhāです。

SANNA(センス、意識、知覚、知性、思考、記号、ジェスチャー;名)の世界で目に見える形のを止めるとき、そこに、放棄され、放棄されたとき、そこにtaṇhā快適で快適である、それが停止します。世界で音のSANNAは(ラストは、欲望、人間の情熱は。Taṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatがあるtaṇhā、快適で快適であり、かつpaṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsあるkāmataṇhā、rūpat中止するとき。、arūpat。、放棄された存在の三つの形式)、で復活のための欲求が、そこに、放棄され、それが停止します。 SANNA(センス、意識、知覚、知性、思考、記号、ジェスチャー;名)。世界で匂いの快適で快適である、そこにtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱Taṇhāが技術的termthatでは、仏教哲学で発見され、そして、paṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsは中止するとき、それは止まるあり、rūpat。、arūpat。、放棄された存在の三つの形式)、で復活のための欲求は放棄され、kāmataṇhāです。 SANNA(センス、意識、知覚、知性、思考、記号、ジェスチャー;名)。世界の味の快適で快適である、そこにtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱Taṇhāが技術的termthatでは、仏教哲学で発見され、そして、paṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsは中止するとき、それは止まるあり、rūpat。、arūpat。、放棄された存在の三つの形式)、で復活のための欲求は放棄され、kāmataṇhāです。世界で身体現象のサンナが快適で快適、そこtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱である。Taṇhāは、技術的termthatある仏教哲学で見つかった、とpaṭiccasamuppādaのリンクのいずれかです。3taṇhāsはkāmataṇhāあり、 rūpat。、arūpat。、放棄された存在の三つの形式)、で復活のための欲求は中止するとき、それは止まるあり、放棄されます。 SANNA(センス、意識、知覚、知性、思考、記号、ジェスチャー;名)Dhammasの(Abhidhammapiṭakaと(dhammaṃ)自然/条件/品質/プロパティ/特性の最初の本の名前;関数/練習/デューティ;オブジェクト/事/アイディア/現象;教義;法;徳/信心深さ;正義、法律や仏の真実、仏教の経典;宗教)の世界では、そこにtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱快適で快適ですTaṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatで、paṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsは、rūpatkāmataṇhāです。、arūpat。、放棄された存在の三つの形式)、で復活のための欲求は、放棄され、中止するとき、そこに、それが停止します。

世界に目に見える形【に関連する]意図は、快適で快適である、(ラストは、欲望は、人間の情熱は。Taṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatで、paṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsがtaṇhāやめるときkāmataṇhāは、rūpat。、arūpat。、放棄された存在の三つの形式)、で復活のための欲求があり、放棄されている、それが停止します。世界が快適で快適であるの[に関連する]意図が鳴り、そこtaṇhā(ラストは、欲望は、人間の情熱は。Taṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatで、paṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsがありますkāmataṇhā、rūpat。、arūpatは、放棄された存在の三つの形式)、で復活のための欲求は中止するとき、それは止まるあり、放棄されます。世界が快適で快適であるの[に関連する]意図はにおいが、そこtaṇhā(ラストは、欲望は、人間の情熱は。Taṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatで、paṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsがありますkāmataṇhā、rūpat。、arūpatは、放棄された存在の三つの形式)、で復活のための欲求は中止するとき、それは止まるあり、放棄されます。世界で味[に関連する]意図は(ラストは、欲望、人間の情熱は。Taṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatがあるtaṇhā、快適で快適であり、かつpaṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsがありますkāmataṇhā、rūpat。、arūpatは、放棄された存在の三つの形式)、で復活のための欲求は中止するとき、それは止まるあり、放棄されます。世界で身体現象[に関連する]意図は、快適で快適である、(ラストは、欲望は、人間の情熱は。Taṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatで、paṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsがtaṇhāやめるときkāmataṇhāは、rūpat。、arūpat。、放棄された存在の三つの形式)、で復活のための欲求があり、放棄されている、それが停止します。機能/練習/デューティ;オブジェクト/事/アイディア/現象;教義;法;徳dhammas(Abhidhammapiṭakaの最初の本の名前と(dhammaṃ)自然/条件/品質/プロパティ/特性[に関連する]意図/信心深さ;正義、法律や仏の真実、仏教の経典;世界では宗教は)快適で快適である、そこにtaṇhā(ラストは、欲望は、人間の情熱はtaṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatで、です。 paṭiccasamuppādaのリンクのいずれか。3taṇhāsはkāmataṇhā、rūpat。、arūpatです。、存在の三つの形式での復活のための欲求)、放棄、中止するとき、それは止まるあり、放棄されます。

taṇhāは(渇望は、欲望は、人間の情熱は。Taṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatで、paṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsは、rūpatkāmataṇhāです。、arūpat。、3形態の復活のための欲求
界に目に見える形のための)存在のは(ラストは、欲望、人間の情熱は。Taṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatがあるtaṇhā、快適で
快適であり、かつpaṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsはkāmataṇhāあります
、rūpat。存在の三つの形式で再生するため、arūpat。、欲望)、放棄されたとき、中止するとき、それは止まるあり、放棄されます。 taṇhāは(渇望は、欲望は、人間の情熱は。Taṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatで、paṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsは、rūpatkāmataṇhāです。、arūpat。、3形態の復活のための欲求世界の音のための)存在のが快適で快適である、欲望、願望、人間の情熱は(そこtaṇhā。Taṇhāは、技術的termthatある仏教哲学で見つかった、とpaṭiccasamuppādaのリンクのいずれかです。3taṇhāsはkāmataṇhāあり、 rūpat。、arūpat。、放棄された存在の三つの形式)、で復活のための欲求は中止するとき、それは止まるあり、放棄されます。 taṇhāは(渇望は、欲望は、人間の情熱は。Taṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatで、paṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsは、rūpatkāmataṇhāです。、arūpat。、3形態の復活のための欲求世界で臭いのための)存在のが快適で快適である、欲望、願望、人間の情熱は(そこtaṇhā。Taṇhāは、技術的termthatある仏教哲学で見つかった、とpaṭiccasamuppādaのリンクのいずれかです。3taṇhāsはkāmataṇhāあり、 rūpat。、arūpat。、放棄された存在の三つの形式)、で復活のための欲求は中止するとき、それは止まるあり、放棄されます。 taṇhāは(渇望は、欲望は、人間の情熱は。Taṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatで、paṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsは、rūpatkāmataṇhāです。、arūpat。、3形態の復活のための欲求世界の好みのため)の存在では、快適で快適である、欲望、願望、人間の情熱は(そこtaṇhā。Taṇhāは、技術的termthatある仏教哲学で見つかった、とpaṭiccasamuppādaのリンクのいずれかです。3taṇhāsはkāmataṇhāあり、 rūpat。、arūpat。、放棄された存在の三つの形式)、で復活のための欲求は中止するとき、それは止まるあり、放棄されます。 taṇhāは(渇望は、欲望は、人間の情熱は。Taṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatで、paṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsは、rūpatkāmataṇhāです。、arūpat。、3形態の復活のための欲求世界で身体現象の)存在のは(ラストは、欲望、人間の情熱は。taṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatがあるtaṇhā、快適で快適であり、かつpaṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsはkāmataṇhāあります、rūpat。存在の三つの形式で再生するため、arūpat。、欲望)、放棄されたとき、中止するとき、それは止まるあり、放棄されます。 taṇhāは(渇望は、欲望は、人間の情熱は。Taṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatで、paṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsは、rūpatkāmataṇhāです。、arūpat。、3形態の復活のための欲求機能/練習/デューティ;オブジェクト/事/アイディア/現象;教義;法;徳/信心深dhammas自然/条件/品質/プロパティ/特性(Abhidhammapiṭakaと(dhammaṃの最初の本の名前)のための)存在の;正義、法律や仏の真実、仏教の経典;宗教)の世界では(ラストは、欲望、人間の情熱はtaṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatがあるtaṇhā、快適で快適である、との1でありますpaṭiccasamuppādaのリンクが含まれています。3taṇhāsがkāmataṇhāある存在の三つの形式で再生するため、rūpat。、arūpat。、欲望)、放棄、中止するとき、それは止まるあり、放棄されます。

世界に目に見える形のvitakka(推論)を止めるとき、そこに、放棄され、放棄されたとき、そこにtaṇhā快適で快適である、それが停止します。世界で音のvitakka(推論)は(ラストは、欲望、人間の情熱は。Taṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatがあるtaṇhā、快適で快適であり、かつpaṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsがありますkāmataṇhā、rūpat。、arūpatは、放棄された存在の三つの形式)、で復活のための欲求は中止するとき、それは止まるあり、放棄されます。世界で臭いのvitakka(推論)は(ラストは、欲望、人間の情熱は。Taṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatがあるtaṇhā、快適で快適であり、かつpaṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsがありますkāmataṇhā、rūpat。、arūpatは、放棄された存在の三つの形式)、で復活のための欲求は中止するとき、それは止まるあり、放棄されます。世界の味のvitakka(推論)は(ラストは、欲望、人間の情熱は。Taṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatがあるtaṇhā、快適で快適であり、かつpaṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsがありますkāmataṇhā、rūpat。、arūpatは、放棄された存在の三つの形式)、で復活のための欲求は中止するとき、それは止まるあり、放棄されます。世界で身体現象のvitakka(推論)は(ラストは、欲望、人間の情熱は。Taṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatがあるtaṇhā、快適で快適であり、かつpaṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsやめるときkāmataṇhāは、rūpat。、arūpat。、放棄された存在の三つの形式)、で復活のための欲求があり、放棄されている、それが停止します。 vitakka(推論)dhammas(Abhidhammapiṭakaの最初の本の名前と(dhammaṃ)自然/条件/品質/プロパティ/特性の;機能/練習/デューティ;オブジェクト/事/アイディア/現象;教義;法;徳/信心深さ;正義、法律や仏の真実、仏教の経典;世界では宗教は)快適で快適である、そこにtaṇhā(ラストは、欲望は、人間の情熱はTaṇhāは仏教哲学で発見された技術的termthatで、です。 paṭiccasamuppādaのリンクのいずれか。3taṇhāsはkāmataṇhā、rūpat。、arūpatです。、存在の三つの形式での復活のための欲求)、放棄、中止するとき、それは止まるあり、放棄されます。

世界に目に見える形の(調査One、裁判官)vicāraを止めるとき、そこに、放棄され、放棄されたとき、そこにtaṇhā快適で快適である、それが停止します。世界で音のvicāra(、裁判官を調査One)は、快適で快い、そこtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱である。Taṇhāは仏教哲学における技術termthat発見され、そしてpaṭiccasamuppādaのリンクの一つです3taṇhāsは、rūpatkāmataṇhāです。、arūpat。、放棄された存在の三つの形式)、で復活のための欲求は中止するとき、それは止まるあり、放棄されます。世界で臭いの(調査One、裁判官)vicāraを止めるとき、そこに、放棄され、放棄されたとき、そこにtaṇhā快適で快適である、それが停止します。世界の味のvicāra(、裁判官を調査One)は、快適で快い、そこtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱である。Taṇhāは仏教哲学における技術termthat発見され、そしてpaṭiccasamuppādaのリンクの一つです3taṇhāsは、rūpatkāmataṇhāです。、arūpat。、放棄された存在の三つの形式)、で復活のための欲求は中止するとき、それは止まるあり、放棄されます。世界で身体現象のvicāra(、裁判官を調査One)は、快適で快い、そこtaṇhā(ラスト、欲望、人間の情熱である。Taṇhāは仏教哲学における技術termthat発見され、のいずれかのリンクですpaṭiccasamuppāda。3taṇhāsは、rūpatkāmataṇhāです。、arūpat。、放棄された存在の三つの形式)、で復活のための欲求は中止するとき、それは止まるあり、放棄されます。機能/練習/デューティ;オブジェクト/事/アイディア/現象; dhammas(Abhidhammapiṭakaの最初の本の名前と(dhammaṃ)自然/条件/品質/プロパティ/特性のvicāra(、裁判官を調査One)教義;法;徳/信心深さ;正義、法律や仏の真実、仏教の経典;世界では宗教は)快適で快適である、そこにtaṇhā(ラストは、欲望は、人間の情熱はtaṇhāがで発見された技術的termthatです。仏教哲学、およびpaṭiccasamuppādaのリンクのいずれかである。3taṇhāsは、rūpatkāmataṇhāです。、arūpat。、放棄された存在の三つの形式)、で復活のための欲求は中止するとき、それは止まるあり、放棄されます。これは、bhikkhus、がdukkha・nirodhaのariyasacca(と呼ばれています

苦しみの停止、崇高な真理、ノーブル真実ニッバーナ(ZEternalブリスFOT究極の目標)。

ウェブサイト:

夏目雅子ひまわり基金 - 癌と日本の女性を支援する慈善団体。それはとてもそれをチェックアウト行く非常に良い大義のためです。

FOREVER雅子 - 公式夏目雅子のウェブサイト。
masako_1

masako_2

masako_3

英国のテレビボイスオーバー:マリア・ウォーバーグ:

マリア・ウォーバーグは、1952年に生まれた英国の女優です。彼女が主演しました
大蔵経の文字をダビング日本のアクションシリーズモンキー、
英語で。彼女はまた、文字ジュリアMatostheのためにダビングしました
シリーズダンシン日。彼女はのオーディオテープでささやきの声でした
ファーシングウッド(ないテレビシリーズの動物彼女がしばしばあるように
)と混同。彼女はまた、ゲストはで男のエピソードで主演しました
スーツケース(誰かが1968年に、勝…誰かを失う)と10番(
Asquiths、1983)。
マリアは後に彼女の家族の生活に専念するように作用するから引退しました
彼女は他の元の吹き替えキャストメンバーに返されなかったが
彼女はに結婚していた2004年に最後の13のエピソードを復元するモンキー
俳優ジョンChannellミルズは、1998年に亡くなるまで、彼らは3人の子供を持っています。

大和言葉

E4。 Maggasaccaの博覧会

そして、nirodha・gāminīpaṭipadāariyasacca・がdukkhaもの、bhikkhusですか?それはそれはsammādiṭṭhi、sammāsaṅkappo、sammāvācā、sammākammanto、sammā-ājīvo、
sammāvāyāmo、sammāsatiとsammāsamādhi言うことです、maggaaṭṭha​​ṅgikaちょうどこのariyaです。

そして、何、bhikkhus、sammādiṭṭhiのですか?がdukkhaのNANA、がdukkha-samudaya、がdukkha-nirodhaと、bhikkhus、sammādiṭṭhiと呼ば
れているがdukkha-nirodha-gāminipaṭipada、のナナのナナのナナすなわち、bhikkhus、。

そして、bhikkhus、sammāsaṅkappasは何ですか? nekkhammaのsaṅkappasであるこれらの、bhikkhus、abyāpādaのsaṅkappas、avihiṃsāのsaṅkappas、それらが呼び出され、bhikkhus、sammāsaṅkappas。

そして、何、bhikkhus、sammāvācāのですか? 、bhikkhusと呼ばれ、musāvādā控えるpisuṇaのヴァカから棄権、pharusaのヴァカから棄権、およびsamphappalāpaから棄権していることを、bhikkhus、、、sammāvācā。

そして、何、bhikkhus、sammā-kammantaのですか? pāṇātipāta控えるabrahmacariyaから棄権、adinnādānaから棄権していることを、bhikkhusは、そのはsammā-kammanta、bhikkhus、と呼ばれています。

そして、何、bhikkhus、sammā-ājīvaのですか?ここで、bhikkhusは、高貴な弟子は、間違った生活をabandonnedた、それは、bhikkhus、sammā-ājīvaと呼ばれ、生活の権利によって彼の人生をサポートしています。

そして、何、bhikkhus、sammāvāyāmaはありますか?ここで、bhikkhusは、僧は、彼は自分自身を発揮し、彼のviriyaはルーセス、積極的に彼のチッタを適用し、努力していunarisenpāpakaとakusala dhammasの非生じるための彼チャンダを生成します。彼は彼のviriyaは、積極的に彼のチッタを適用し、努めていますルーセス、彼は自分自身を発揮する、アリズンpāpakaの捨てるとakusala dhammasのための彼チャンダを生成します。彼は、彼が自分自身を発揮し、彼のviriyaはルーセス、積極的に彼のチッタを適用し、努力していunarisen kusalaのdhammasの発生するための彼チャンダを生成します。彼は、彼のviriyaをルーセス、彼は自分自身を発揮し、彼らの増加、その開発、彼らの栽培とその完成のため、混乱の彼らの不在のため、発生しkusala dhammasの堅固さのための彼チャンダを生成し、激しく彼のチッタと努めていますが適用されます。これは、bhikkhus、sammāvāyāmaと呼ばれています。

何、bhikkhus、sammāsatiのですか?ここでは、bhikkhus、僧は、世界に向けてabhijjhā-domanassaをあきらめた、ATAPIsampajāno、KAYAにsatimāをカヤを観察宿ります。彼は、ATAPIsampajāno、vedanāにvedanāを観察宿るsatimā、世界に向けてabhijjhā-domanassaをあきらめました。彼は、ATAPIsampajāno、チッタでチッタを観察宿るsatimā、世界に向けてabhijjhā-domanassaをあきらめました。彼は・sの説法中・sで、ATAPIsampajānoダンマを観察宿る、satimā、世界に向けてabhijjhā-domanassaをあきらめました。これは、bhikkhus、sammāsatiと呼ばれています。

そして、何、bhikkhus、sammāsamādhiのですか?ここでは、bhikkhus、最初jhānaに入ったakusala dhammasから切り離さカーマから切り離さ僧は、、、剥離から生まれピティとsukhaで、vitakkaとvicāraと、そこに遵守します。 vitakka-vicāraのシュティリングにより、第2jhānaに入った、彼はサマディから生まれピティとsukhaで、vitakkaもvicāraことなく、内側tanquilizationで、その中チッタの統一を遵守します。そして、ピティに向かって無関心で、彼はupekkha、佐藤sampajānoに遵守、彼はariyasが記述カヤsukhaで経験: ‘[この] sukhaで安穏なと意識ドエルである1′を、第三jhānaに入った、と彼は遵守そこに。 sukhaを放棄し、がdukkha、somanassaを放棄し、upekkhaとサティの純度で、sukhaもがdukkhaことなく、以前に持っ消えdomanassa、第jhānaに入った、彼はそこに遵守します。これは、bhikkhus、sammāsamādhiと呼ばれています。

これは、がdukkha・nirodha・gāminīpaṭipadāariyasacca、bhikkhus、と呼ばれています。

こうして彼は、内部dhammasでdhammasを観察宿る、または彼が外部dhammasでdhammasを観察宿る、または彼は内部と外部dhammasでdhammasを観察宿ります。彼はdhammasで現象のsamudayaを観察宿る、または彼がdhammasに離れ現象の通過を観察宿る、または彼はsamudayaを観察し、dhammasに離れ現象の渡し宿ります。あるいは、[実現:]「これらはdhammasです!」サティは単なるナナと単なるpaṭissatiの程度まで、彼は切り離さ宿る、と世界で何かにしがみつくしない、彼に存在しています。したがって、bhikkhus、僧は4 ariyaへの参照・saccasで、dhammasでdhammasを観察宿ります。

ウェブサイト:

夏目雅子ひまわり基金 - 癌と日本の女性を支援する慈善団体。それはとてもそれをチェックアウト行く非常に良い大義のためです。

FOREVER雅子 - 公式夏目雅子のウェブサイト。
masako_1

masako_2

masako_3

英国のテレビボイスオーバー:マリア・ウォーバーグ:

マリア・ウォーバーグは、1952年に生まれた英国の女優です。彼女が主演しました
大蔵経の文字をダビング日本のアクションシリーズモンキー、
英語で。彼女はまた、文字ジュリアMatostheのためにダビングしました
シリーズダンシン日。彼女はのオーディオテープでささやきの声でした
ファーシングウッド(ないテレビシリーズの動物彼女がしばしばあるように
)と混同。彼女はまた、ゲストはで男のエピソードで主演しました
スーツケース(誰かが1968年に、勝…誰かを失う)と10番(
Asquiths、1983)。
マリアは後に彼女の家族の生活に専念するように作用するから引退しました
彼女は他の元の吹き替えキャストメンバーに返されなかったが
彼女はに結婚していた2004年に最後の13のエピソードを復元するモンキー
俳優ジョンChannellミルズは、1998年に亡くなるまで、彼らは3人の子供を持っています。

大和言葉

1966水曜日2016年8月24日
Satipatthana

Satipatthanaスッタ(マインドフルネスの基礎に関する談話)

誰でも、bhikkhusについては、これらの4satipaṭṭhānasを練習だろう
7年間、このように、二つの結果の一つが期待されることがあります。どちらか
【完璧な可視現象における知識、またはいくつかの執着がある場合
左、anāgāmita。

7年、bhikkhusおろか。誰でも、bhikkhusについては、これらの4satipaṭṭhānasを練習だろう
6年間、このように、二つの結果の一つが期待されることがあります。どちらか
【完璧な可視現象における知識、またはいくつかの執着がある場合
左、anāgāmita。

6年間、bhikkhusおろか。誰でも、bhikkhusについては、これらの4satipaṭṭhānasを練習だろう
5年間このように、二つの結果の一つが期待されることがあります。どちらか
【完璧な可視現象における知識、またはいくつかの執着がある場合
左、anāgāmita。

一人で5年、bhikkhusをしてみましょう。誰でも、bhikkhusについては、これらの4satipaṭṭhānasを練習だろう
4年間このように、二つの結果の一つが期待されることがあります。どちらか
【完璧な可視現象における知識、またはいくつかの執着がある場合
左、anāgāmita。

4年間、bhikkhusおろか。誰でも、bhikkhusについては、これらの4satipaṭṭhānasを練習だろう
3年間このように、二つの結果の一つが期待されることがあります。どちらか
【完璧な可視現象における知識、またはいくつかの執着がある場合
左、anāgāmita。

3年間、bhikkhusおろか。誰でも、bhikkhusについては、これらの4satipaṭṭhānasを練習だろう
2年間このように、二つの結果の一つが期待されることがあります。どちらか
【完璧な可視現象における知識、またはいくつかの執着がある場合
左、anāgāmita。
経蔵

2年、bhikkhusおろか。誰でも、bhikkhusについては、これらの4satipaṭṭhānasを練習だろう
1年間、このように、二つの結果の一つが期待されることがあります。どちらか
【完璧な可視現象における知識、またはいくつかの執着がある場合
左、anāgāmita。

単独で1年、bhikkhusをしてみましょう。誰でも、bhikkhusについては、これらの4satipaṭṭhānasを練習だろう
7ヶ月間、このように、二つの結果のいずれかが期待できます。
目に見える現象のいずれかで[完全な]知識、またはいくつかがある場合
、anāgāmitaを左にしがみつい。

7ヶ月、bhikkhusおろか。誰でも、bhikkhusについては、これらの4satipaṭṭhānasを練習だろう
6ヶ月間、このように、二つの結果の一つが期待されることがあります。どちらか
【完璧な可視現象における知識、またはいくつかの執着がある場合
左、anāgāmita。

6ヶ月、bhikkhusおろか。誰でも、bhikkhusについては、これらの4satipaṭṭhānasを練習だろう
5ヶ月間、このように、二つの結果の一つが期待されることがあります。どちらか
【完璧な可視現象における知識、またはいくつかの執着がある場合
左、anāgāmita。

5ヶ月、bhikkhusおろか。誰でも、bhikkhusについては、これらの4satipaṭṭhānasを練習だろう
4ヶ月間、このように、二つの結果の一つが期待されることがあります。どちらか
【完璧な可視現象における知識、またはいくつかの執着がある場合
左、anāgāmita。

一人で4ヶ月、bhikkhusをしてみましょう。誰でも、bhikkhusについては、これらの4satipaṭṭhānasを練習だろう
3ヶ月間、このように、二つの結果のいずれかが期待できます。
目に見える現象のいずれかで[完全な]知識、またはいくつかがある場合
しがみついて左、anāgāmita

3ヶ月、bhikkhusおろか。誰でも、bhikkhusについては、これらの4satipaṭṭhānasを練習だろう
2ヶ月間、この方法では、2つの結果のいずれかが期待できる。どちら
【完璧な可視現象における知識、またはいくつかの執着がある場合
左、anāgāmita。

2ヶ月、bhikkhusおろか。誰でも、bhikkhusについては、これらの4satipaṭṭhānasを練習だろう
1ヶ月間、このように、二つの結果の一つが期待されることがあります。どちらか
【完璧な可視現象における知識、またはいくつかの執着がある場合
左、anāgāmita。

単独で1月、bhikkhusをしてみましょう。誰でも、bhikkhusについては、これらの4satipaṭṭhānasを練習だろう
半月ためのこの方法では、2つの結果のいずれかが期待できます。
目に見える現象のいずれかで[完全な]知識、またはいくつかがある場合
、anāgāmitaを左にしがみつい。

bhikkhus、半月おろか。誰でも、bhikkhusについては、これらの4satipaṭṭhānasを練習だろう
週のこの方法では、2つの結果のいずれかが期待できる。どちら
【完璧な可視現象における知識、またはいくつかの執着がある場合
左、anāgāmita。

「これ、bhikkhusは、精製何もにつながるパスです
人間の、悲しみと嘆きの克服、消失
がdukkha-domanassa、正しい方法の達成、ニッバーナの実現のため、それは4satipaṭṭhānasを言うことです。」このように、それは言われており、このすべてに基づいて、それは言われています。

したがってBhagavāを話しました。喜んで、bhikkhusはBhagavāの言葉を歓迎しました。

ウェブサイト:

夏目雅子ひまわり基金 - 癌と日本の女性を支援する慈善団体。それはとてもそれをチェックアウト行く非常に良い大義のためです。

FOREVER雅子 - 公式夏目雅子のウェブサイト。

英国のテレビボイスオーバー:マリア・ウォーバーグ:

マリア・ウォーバーグは、1952年に生まれた英国の女優です。彼女が主演しました
大蔵経の文字をダビング日本のアクションシリーズモンキー、
英語で。彼女はまた、文字ジュリアMatostheのためにダビングしました
シリーズダンシン日。彼女はのオーディオテープでささやきの声でした
ファーシングウッド(ないテレビシリーズの動物彼女がしばしばあるように
)と混同。彼女はまた、ゲストはで男のエピソードで主演しました
スーツケース(誰かが1968年に、勝…誰かを失う)と10番(
Asquiths、1983)。
マリアは後に彼女の家族の生活に専念するように作用するから引退しました
彼女は他の元の吹き替えキャストメンバーに返されなかったが
彼女はに結婚していた2004年に最後の13のエピソードを復元するモンキー
俳優ジョンChannellミルズは、1998年に亡くなるまで、彼らは3人の子供を持っています。

Websites:


NATSUME MASAKO SUNFLOWER FUND - a charity to help Japanese women with cancer. It’s for a VERY good cause so go check it out.


FOREVER MASAKO - Official Masako Natsume website.



masako_1

masako_2

masako_3


Uk tv voice-over : Maria Warburg :


Maria Warburg is a British actress who was born in 1952 . She starred in
the Japanese action series Monkey, dubbing the character of Tripitaka
in English. She also did dubbing for the character Julia Matosthe in the
series Dancin’ Days. She was the voice of Whisper in the audio tapes of
The Animals of Farthing Wood (not the television series as she is often
confused with). She also guest starred in an episode of Man in a
Suitcase (Somebody Loses Somebody… Wins, in 1968) and Number 10 (The
Asquiths, 1983).
Maria later retired from acting to concentrate on her family life
although she did return with the other original dubbed cast members of
Monkey to restore the last 13 episodes in 2004. She was married to the
actor John Channell Mills until his death in 1998. They have 3 children.





WordPress database error: [Table './sarvajan_ambedkar_org/wp_comments' is marked as crashed and should be repaired]
SELECT * FROM wp_comments WHERE comment_post_ID = '4079' AND comment_approved = '1' ORDER BY comment_date

Leave a Reply